mustar's room TOP  >  2014年ブリード

2014年度の総括 (まとめ)


2014年度のブリードも全てが終わり、管理表も全て更新を終えましたので1年間を振り返ってみての内容と羽化結果の御報告を私自身の記録も含めてまとめてみました。

かなり今回は長いですww

結果としては満足しているところもあり、逆に反省している部分の方が多いですね(当たり前ですが)

お試し的にとりあえずの飼育をしてみた2013年度の最大個体が81.5mmで、本格的に種親を入手して自己ブリードとして始めた2014年度。
入手出来る親虫のサイズも小さめの個体しか入手出来なかったので、目標にした85mmは翌年以降に種親として頑張ってくれる♂の作出が目的でした。

結果、87mmUPが出てくれたことは運が良かっただけの事であり、他の個体サイズを見ると目標としては正直達成感はありません。

羽化サイズ的にも87以下は実状84mm台であり、70mm台も多数出してしまいました。


ライン全体で見てもYGで2ラインだけが私的には良い結果の出たラインだったと思いますが、私の管理と判断が悪くて大きく羽化させきれなかったと思っています。

この2ラインともに早期羽化♀個体を親♀で使用していて、早期羽化♀の実績的な部分も私自身が実感できました。



まず平均値が1番良かったYGのDラインです。

♂親 83.5mm(Gull氏12年4番)×♀51.1mm(daitou氏13年2番早期羽化)

このラインはダイトウさん13年2番の早期♀に、ダイトウさん所有の♂83.5mmを種付けして頂いて譲って頂きました。

2本目交換時の最大体重の34gが出てくれて、里仔先の報告でも体重が比較的に乗ってくれていて私も期待していました。


しかし2本目の管理が行き届かずに暴れボトルが出てしまい、体重を減らしてしまったものを数頭出してしまいました


そんな中でもD101は34.3g→36.9gの成長後に羽化ステージの4月に入ってから急に動き出し、暴れを警戒し過ぎた私はボトル交換に踏み切りました。

36.3gと大した体重減はなかったのですが、やはり交換時の体重減を取り返せない時期に交換してしまったので羽化サイズは期待よりも出ませんでした


蛹室が小さかったので人口蛹室に移しましたが、それでも蛹体重は27.4gあり期待したんですがね~

20150602212308cff.jpg


で、羽化サイズは・・・


201507122047316b6.jpg

201507122047346bc.jpg

14YG-D101   84.5mm

我が家でのDラインの最大個体です。

蛹27.4gからの84mm台には正直凹みました

確かにガッチリした個体ですが、幅が特別にあるようでもなく、腹が収まりきれないような厚みがある訳でもなく蛹体重はどこに還元されたのでしょうか?ww


最後の交換は今になってもう少し様子を見れば良かったかと後悔しています




このDラインは他に

20150712204832924.jpg

20150712204831981.jpg

14YG-D113   84.0mm

このD113は、2本目交換時の31.8gから暴れで26.9gまで落としてしまいました。

当然期待もなく羽化を確認して掘り出してみたら見事にリカバリーしてくれていました。

101よりもスリムで綺麗な個体です。



Dライン最大個体は里仔先で凄腕ブリーダーの タケセイヨウさんが85.5mmをでしてくれて同服最大サイズを85mm超えにしてくれて感謝していますww

その他、里仔先のアプロさんからも85.5mmが出ましたが残念なことに羽根パカだったそうです。

タケセイヨウさんには4頭送っていて、♂3頭中85.5mmに84.2mmですからさすが凄腕です。

20150608101535bd1.jpg

201506081015344e1.jpg


84.2mmを里帰りして貰っちゃってます(;^ω^)


Dライン結果は最大85.5mmに、85.5mmB、84.5mm、84.2mm、84.0mm、(84.5mm羽化後★)で2014年度の平均値では1番良かったラインになりました。

良い管理が出来ていればもっとアベレージも上がったラインだと思います。

このようなラインから85mmUPや86mm台が出せないとダメだと思いました。



次に最大個体が出てくれたA4ライン。

♂親81.0mm(shima1007氏本家858直仔※ともさん里仔)×♀親48.5mmよしくわ氏13年7番早期羽化


こちらのラインは2本目交換時にはそれほどの印象はありませんでしたが、その後の経過で伸びた幼虫が急激な成長をしていました。

最大の87.3mmも2本目交換時には22.8gで「カビ」による1ヶ月後の救出交換でも25.3g。
その後、3ヶ月弱での交換時には38.2gでビックリしました。

そこから暴れもなく羽化までいってくれた結果が87.3mmでした。







以下は以前紹介した85.6mm。

20150614010118859.jpg

こう見ると完品なんですがね~

まだ生存はしていますが、相変わらず頭を下げてカニのように動いてます

ゼリーも食べられそうにないので使用は無理でしょう。

頭幅もあり顎も立派なので非常に残念な個体です
今年羽化で1番後悔している個体です

来年は余程の事が無い限りは「蛹を掘らない」と誓を立てさせられた個体でした。

この個体は1本目にボトルが足りなくてチビサイズ狙いでマット飼育の常温で飼育していたんですが、2ヶ月ぐらいでマットで21gになり、慌てて菌糸ボトルに換えてからカビで2ヶ月後に救出交換したら35.4gになっていた個体です。

最初から菌糸に投入していたらとか色々と考えさせられましたが結果が非常に残念でした



A4ライン完品での事実上の2番手が大きく差が出てしまいまして


20150712204935ab4.jpg

20150712204934525.jpg

14YG-A420  83.0mm

画像は83.3mmになっていますが、83.0mmで管理致します。

873からかなりの差が出てしまい、873での累代に失敗した時にはかなり痛いですね

アベレージも大事だと思い直しました(;^ω^)

A4ラインの全体的な特徴は、幅があるような感じで太いです。

♀も同様で頭幅が全体的にある個体が印象的でした。


最大個体の87.3mmも特徴としては同じです。

BE-KUWAでマサレッドさん執筆記事での親の選別方法を拝見して自分の個体を見て思ったのは、私の873には余裕が無いような感じです。

やはり親サイズ81mmに対してサイズが伸び過ぎた結果に限界を感じました。

伸びしろとゆう意味では、やはり85mmクラスの親から生まれた87mmとでは違うのだと思います。
(あくまでも個人的な感想です)


その他、里仔ラインから1頭御紹介。

大鍬道のタケさんからの里仔幼虫で、タケさん14年のA4ライン。

♂親80.2mm(本家1201)×♀親49.0mm(Tiga氏※Gull氏1107イン)早期羽化


20150712204834ecc.jpg

20150622195946a6e.jpg

14YG-Stk101   84.5mm

こちらの個体は里仔で頂いた個体の中の最大個体です。

最大時の幼虫体重が29.7gからの84mm超え(羽化後掘り出した時には85mmありました)は嬉しいサプライズでした。


こちらの個体は掘り出した時に私の中で凄い衝撃的な印象が強く、今年の羽化個体の中でこれだけ大顎に迫力のある個体はありません。

何しろ顎が直線的とゆうか張り出し?が凄く感じて、一言で言えば「カッコイイ」個体です。


私の好みで言うと、形状は2014年羽化個体NO1です!

この形状がサイズ狙いには不向きなのか向いているのかは分かりませんが、来年の種親候補として大事にしたいと思います。




次に久留米の結果ですが、正直惨敗です

YGとは温度帯や成長曲線の違いがあるのを意識しての管理をしたつもりでしたが、体重をまず乗せられなかったので結果が出る訳がありません

久留米の難しさを改めて思い知りました



最大個体は


20150622195916a74.jpg

2015062219585781d.jpg

14KU-Sma4  82.5mm

♂親82.0mm(マツノインセクト12-1)×♀親51.0mm(マツノインセクト12-5)

masaさんからの里仔で、masaさんとmindさんのコラボラインm&mラインです。


マツノさんの純血ラインですので、こちらも大事にしたいですね。

masaさんmindさん、ありがとうございます^^


久留米では今年、83mmを目標としました(;^ω^)




前に「アベレージよりも1発」と書きましたが、それも「あり」だと思っていました。

ですが2016年度の構成を考えていて思ったのは、1発の個体からの累代に失敗した時に、代替えになる個体が無いと苦しくなるのと、結果その年に出せた1発の結果も無駄になってしまいます。


2015年度はラインとしてのアベレージも可能な限り意識した形で出来たらと思います。


目標のイメージは、最大値が86mm台(完品)を目標に85mm台も同一ラインで1頭はとゆうイメージです。

そんなラインが1ライン出てくれたら目標達成とさせて頂きますww




今回で2014年度の全ての報告を終了します。




長文に最後までお付き合いして頂けた方、有難うございましたm(_ _)m


















スポンサーサイト
[ 2015年07月22日 20:19 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(0) | CM(32)

2周年の御礼と、2014年羽化報告(万歳編)




1日早い御挨拶となりますが、明日の6月21日で当ブログ「mustar's room」が2周年を迎える事が出来ました。

開始当初は、こんなに続くとは本気で思っていなかったのですが、この2年間でたくさんのクワ友さんが出来、交流が広がったことが何よりも嬉しく思います。

全ては皆さんあっての当ブログです。


まだまだ未熟者ですが今後とも私mustarと「mustar's room」をどうか宜しくお願い致します








そして2014年度の羽化報告(万歳編)ですw



「大型血統本格参戦初年度」


いきなり250頭スタートで、今後の種親クラスの作出を目標に初年度は開始しました。


殆どのオスも羽化してきて、不全や★に暴れから脱落させてしまった幼虫も多く出してしまいました。

私の飼育環境上、全ての幼虫を同じように扱うのも無理があり、どうしてもVIPの期待どころを中心とした最終ステージになってしまいました。



今の段階では、アベレージより「一発」。


ノギスの数値で競う「競技ブリード」には一発が必要だと思います。

そんな形で今後もやっていくかは分かりませんが、そんな「一発」が自己ブリから出てくれた(出ちゃった?)ので御報告致します。











14YG-A401




20150616180244e46.jpg



6月17日  初令   S3  800

9月14日  22.8g  S3  800

10月7日  25.3g  S3  1400

12月29日  38.2g  S8  1400

2015年5月下旬羽化

6月17日計測時 87.3mm(仮)  頭幅30.1mm




20150617184644bd2.jpg


20150616180213015.jpg
(私は計測値を決める時には下画像の「ミツトヨ製検品済みノギス」(誤差+-0.02)を使用しています。)





親♂ 81.0mm   shima1007氏 H24-1-12(ともさん幼虫里仔※同腹最大86.3mm)

親♀ 48.5mm   よしくわ氏 no13-7-03早期羽化(同腹最大85.1mm)





同腹の2番手は、前に紹介した14YG-A421(856カニ歩き)ですがこちらは親として使用出来ないでしょう。

20150614010118859.jpg




shimaさんからこの♂81.0mmの話を頂いた時には、shimaさん飼育の863ラインで最小の個体がこの81.0でした。

予算の中で、もう少し大きいものがいたのですがshimaさんが「こちらの♂の方が良いよ」との言葉があり、この♂に決めました。


同腹最小の♂。


86mmが3頭も出たと聞いて、「その同腹がどうしても欲しい」と感じて迷わずの購入でした。

サイズから次世代に期待するしかなく、付けるメスも4メス付けて経過を見ましたが2本目交換時は「上手くいかないなぁ~」が本音でした。

♀48.5mmは、よしくわさんの13年の成績から、42.3g幼虫がこの7番から出た時点でお願いしていました。

この早期羽化♀のラインは幼虫採りに苦労して時期がズレる覚悟でしたが、産みだしたら爆産で可能性を感じましたww

3本目の交換をしながら「このライン良いんじゃね?」と思っていた結果、最高の形となってくれました。




85mmを目標としていた結果としては出来過ぎの「ラッキー」ですが本気で嬉しかったですね。

特に私の飼育環境は、一室のエアコン管理すら出来ない環境です。

エアコン管理が出来ない方に工夫次第で出た結果が良い励みにもなってくれたら嬉しいですし、私自身も励みになりました。


今後は二度と出せないサイズかも知れませんが、私の飼育環境と使用した親サイズからも今回の結果は「虫が頑張ってくれた」以外の何者でもありません。



今言える言葉は



虫よありがとう!



そしてshimaさん、よしくわさん、良い親虫をありがとうございました。





来月に倶楽部メンバーに再計測して貰ってからサイズ確定とします。



2周年に良い報告が出来たことを嬉しく思います。


















2015061618021228c.jpg

[ 2015年06月20日 18:49 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(0) | CM(52)

2014(残念な)結果






   

2013年度の途中からブリードを再開して「お試し飼育」で現状のブリードに対しての状況確認やら昔は気にしたことなどなかった「血統」や「系統」と、色々勉強したつもりからの2014年度のスタートでした。


大型血統本格参戦初年度。




私なりにいろんな先輩方からの配慮で良い種親を準備出来て挑めた初年度だったと思います。



しかし私が使用出来る親サイズからギネスなど本気で狙える訳もなく、以前も書きましたが「次世代で使用出来る親サイズ」を出して年々のステップアップで「そこ」に辿り着けたらブリーダーとしての達成感はあるのかと思います。



85mmクラスは自分で出さない限りは使いませんし、85mmを出すのに85mmを使っても仕方が無い。



そんな感じで2014年度の目標を85mmで設定し、正直なところは84mmでも万々歳な気持ちでした。





前置きが長くなりましたが、2014年度の結果も殆ど出てしまいましたので報告します。



タイトルに残念とありますが、そのまんま「残念」な報告です。
2014年ブリの方は、何しろ不全や★が多くて参りました💦


ブログに載せるか迷いましたが、私の記録用として羽化報告を載せることにしましたので予め御了承下さい。





5月の上旬に羽化していた個体

14YG-D103









2014年度のD1ラインから、最終体重が33.2gあった幼虫が暴れずに蛹化して羽化しました。
形も好みでディンプルもなく非常に綺麗な個体で満足していました。






サイズ的にも初年度としては満足の結果でしたが上の写真で分かるとおり生殖器が収まりきらなく親としては使えないと残念に思っていたら先日★になってしまいました。






14YG-A421

♂親81mmは、御本家858直仔で86mm×3頭のライン。

♀親48.5mmは、よしくわさん13年7番早期羽化♀です。

1本目で菌糸が足らずにマットで常温管理していて2本目から菌糸に投入してからの35.4g幼虫でした。







こちらは見た目はド完品に見えますが、実は羽化する時に、頭が伸ばせずにいて

救出したんですが、手遅れで通常も頭を折り気味です。




動きもカニみたいですし、今後餌が喰えるのかも怪しいです。

まだ生きて元気ですが、多分ダメになるでしょう。

自己目標を達成している上に形状も申し分無い個体で、頭幅も30mmを超えているだけに非常に残念です。


残念な2連発でサイズも今では普通サイズかも知れませんが、私は初年度の自己ブリの成果としては素直に嬉しいサイズでした。







今回の個体は記録となりませんが、このまま残念で終わってしまうのか・・・








只今、体調を崩して緊急入院していますので下書き記事での更新となります。

コメ閉じとブログを徘徊出来ない状態ですので御了承下さい。















[ 2015年06月14日 18:54 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(-) | CM(-)

掘り出し(♀)



産卵セットも第1段の久留米はメスを取り出して、一部のみ念のため2セット目に入っています。

ライン数が確保出来なかったら1ラインあたりの数でカバーしないとならないので念のため。

YGは産卵セットの材の齧り具合は良いのですが、幼虫をなかなか確認出来ないものがありまして苦労しています。

空砲に無精卵・・・

もともと今年YGは久留米より遅い投入を予定しているので、もう少し粘ります。


ギリギリまでペアリングをしないで様子見したメスを急遽組み合わせを変更したのもあります。


多くは書きませんが私が未熟とゆう事です💦

スタートでつまずいている時点で準備不足な訳ですから(^^;;




今現在のセット状況がどうであれここまでですね💦







2014年ブリの羽化もかなりしてきていて今日も掘り出し作業をしていましたが、産卵セットと同時進行なので疲れました💦

この時期は処理を後回しにすると、菌糸を詰めるタイミングと重なるので倍のボトルスペースが必要になるので大変です(^^;;

少しでもボトルを減らさないと詰めた菌糸を回すスペースに困りますのでセコセコと掘り出し作業を進めています。

現在掘り出しているものは投入が早かった系統や、早めに温度をかけたメスと暴れて放置してしまったオス達なのであまりドキドキ感がありません。

てか、気持ちが折れます💦

全体的にメスへの偏りがあったのでひたすらメスボトルを掘り出すのも根気が必要です💦😅


某系統が全てに近いぐらい不全や★で気持ちも折れました。


メスの腹出や翅パカで55~57mmがゴロゴロ出たのでメスの見た目の感覚が麻痺しています。


そんな中で、別系統メスで良いのも出ましたので御紹介を。






14YG-So3  (ougo氏20番)

先日、ougoさんが発表した87(本人865管理)に86が出たラインの里子幼虫を羽化させたものですが、14.1gからの54mmに驚きました。

有望なラインなので嬉しいです。

来年の種確定です^ ^




もう1頭




14YG-A405

こちらは我が家の最大体重が出たラインです。


強制早期羽化に失敗して通常飼育に戻したのですが最終体重16.8gから良いサイズで羽化してくれました。


ってか自己メスギネスですww


他の有望なメス陣は、他のオスとともにこれからの羽化なのでこれ以上が出るのか。


メスサイズはあまり気にしていないんですけどね。






オスのメインの羽化は6月に入ってからになりそうです。


私なりに期待しているのもありますが、出鼻を不全のオンパレードでくじかれたので不安しかありません(^^;;

良いイメージが無くなってしまいました💦


羽化してなんぼですからね(^^;;






私は来週から菌糸の詰め作業を開始しますのでさらにドタバタしそうです。


今年は詰め加減を注意してやります。

いろいろ教えて頂いたので試さないと。


投入は久留米を6月の中旬ぐらいでYGを6月の下旬~7月の頭ぐらいで予定しています。
















[ 2015年05月24日 18:11 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(-) | CM(30)

ひと段落。





こんばんは。

1月に入ってから2週間経ちましたが、とりわけ書くネタもありません(;^_^A

3本目交換も全てのラインが終了しました。

今月交換した久留米Cラインは密かに期待していたラインですが、画像が出せる大きさは残念ながら出せませんでした。
それでも私的には羽化まで期待しているラインです。
年々のサイズアップを楽しみたいので久留米のマイギネスに期待です(82mmでマイギネスww)

管理表を更新して色々と昨年を思い返しながら比べてみましたが、進歩はあったと思います。

あとはこの冬からの羽化ステージでどうなるやらですが…

昨年は幼虫も小さいのしか出せなかったので漠然と温度を下げてから上げてとやってましたが、体重なりの羽化サイズだったと思います。

2014年度は昨年以上に期待してしまう体重の幼虫が数頭いますので、無事に羽化させられるかが課題となりますが…

結局は虫任せになるでしょう!(笑)




ここ数日は2015年度のライン組みの構想を練っていますが、飼育予定数を減らす方向で考えると悩みますね(汗)

あれもこれもと考えると、あっという間にまた200を超えそうなので。

全体的に種親のサイズもアップしているので、2015年度の目標は「40gの幼虫を1頭だけでも出したい」です

文字の大きさは自信度とゆう事で(笑)


書くネタ無くて、くだらない文章でダラダラとすいませんでした(;^_^A

この内容ではコメも困ると思いますので閉じておきますw



それではまた(^^)








[ 2015年01月14日 20:28 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(0) | CM(-)
プロフィール

Author:mustar
      

趣味 : サイクリング
乃木坂46

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ページジャンプ
全7ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR