mustar's room TOP  >  2013年07月

準備ばかりで

こんばんは^^

田舎っぺさんと、ひでのぱぱさんとリンクさせて頂きました!

今後ともお付き合い宜しくお願い致します!(^^)



前回の私のダメっぷりを書いた記事に関して、いろんな方々からの御意見やアドバイスを頂き、大変嬉しく感じました。

ブログを始めて良かったと心より感じました。


経験上の御意見やアドバイスをして頂けた方々、本当にありがとう御座いました!(^^)

また、今後も皆さんからの厳しい御指導を宜しくお願い致しますm(__)m





近況ですが、今年は実質、飼育初年度になりますので、用品や設備を最低限揃えるのに出費が結構掛かってしまってます(汗)


日々我が家に荷物が届き、その度にカミさんの顔色を伺いながら整理してます(汗)


そんな中、夏の室温に悩まされていた時に、床下なる場所をアドバイス頂いてから、床下温度の変化を見てきた所、かなり今のところ優秀です! 







ここ数日は猛暑日こそありませんが、最高26.3度で、最低は24.7度とワインセラー並みに安定してます(笑)

8月に入って最高何度まで上がるかですね。

それ次第では、少頭数での飼育予定でしたが、頭数の幅を広げていけそうです。








ケース類や………今から冬の加温の準備(笑)


冷温室の製作を、いろんな方々のブログで勉強させて頂きました。

中には凄い作り過ぎて、私の技術では参考にならなかった方もいましたが(笑)


部屋での設置場所や大きさを考えて、「冷」に関しては今年は何とかなりそうなので、とりあえず温室の形だけでもと踏み切りました。





厚さは、先々に冷温室に加工出来るように、40mmにしました。



スチールラックに合わせて寸法を計り、図面を書いたのですが、途中で訳分かんなくなって結局はホームセンターの加工担当者に、口で説明して無理やり図面書かせてカットして貰いました(笑)






合わせてみたら、さすが加工担当!

ピッタリでした!




……………が、私の計算ミスで、厚さ40mmだと隣のラックやワインセラーとの隙間も全く無く、色々不都合が出そうなので、ラックを一回り小さい物にしようと思います(汗)


結局はスタイロフォームも加工し直しです(;^_^A


まだ加温する時期までは時間があるので、気長にやります^^




それと…………







 



初めて一人でノギスをあてた写真が撮れました(笑)



ノギスの数字が暗くて見づらいですが(汗)



地味に嬉しいです(笑)
スポンサーサイト
[ 2013年07月31日 23:38 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(14)

試練

こんにちは(^-^)


皆さんいかがお過ごしでしょうか?^^




私の師である「オオクワメカニクル」のashtakaさんと相互リンクして頂きました!

今後とも御指導宜しくお願い致します(^^)






本題の「試練」の話しになりますが、私今年からオオクワガタ飼育を始めてまだ2ヶ月くらいなんですが、10年ちょっと前ぐらいに(当時の雑誌が何冊か出てきました)飼育をやっいて、1度撤退をしてます。


まだマット飼育の添加剤を試行錯誤していた時代で、菌糸ビン飼育が始まった頃でした。

菌糸ビンを開発した方々は当時も今も、心から尊敬しています。

幼虫飼育も菌糸ビンとマット飼育の半々か、1本目交換時に♂の期待出来る幼虫だけを菌糸ビンへ、その他はマットに入れて飼育してました。

菌糸ビン自体が今よりも高価だったからです。

羽化サイズも75mmを超えれば満足でき、世間では菌糸ビンの出現によって、夢の80mmに向かってました。

私は趣味として楽しんでるくらいで、当時はマンション住まいだった割には、飼育数は150~200頭くらい飼育してました。

楽しんでた分、累代に対しての考え方も、今の自分(周りの方に教えて貰った)とは違っていて、特にマット飼育から菌糸ビンへの飼育方法の進化の流れに、「大型個体は累代していく中で自分で育てる」って思ってました。

簡単に言うと、大型の種親を使って大型を出すって考えではなく、「気に入った形や産地の個体を自分で累代していく中で、菌糸の種類や添加剤の配合、飼育環境で大型を出す」って感じでした。(私は)

血統論とかも確かに雑誌などでは記事として見かけた記憶はありますが、それも「形」に対しての血統論だった記憶があります。

当時のペットショップや昆虫ショップの方と話しをしても、大型と呼ばれた75mmを超える個体を売るのが(売れなくて)大変だと言ってました。

当時の75mmを超えるペアの価格は今の84~85m、ヘタしたらもっと高価だったと思います(大げさ)。

私以外の人も、大型は買うんじゃなく自分で作出すると思っている方が殆どだったと(勝手に)思います。


私は楽しんでた分、放置に近い「割り切り飼育」だった為、最大サイズ(マイギネス)は77mmちょっとでした(汗)











…………で、あれから10年ちょっと経って夢の80………………88?90?



時代の流れに一瞬ついて行けなかったのは本当の話し(笑)

もともと楽しんでた分、自分で研究した訳でもなく、雑誌の記事を参考に飼育してましたから。



今の種親選びの基準(人それぞれ違うと思いますが)血統や系統、幼虫体重に対して羽化サイズの割合etc.………


いかに私が無知だったかをつくづく感じさせられた2ヶ月でした(汗)








……………で、更に本題の「試練」(笑)




無知で楽しんでた割には、大きな壁にサイズ以外はブチ当たってなかったんですよ(汗)



ペアリングも、1度だけ期間が長過ぎて(放置)♂が♀に補食されてしまった事はありましたが、それ以外は失敗した事も無く、産卵に関しても、産卵木選びから加水の仕方、セットの仕方と全ていい加減だったにもかかわらず、採卵出来なかった事がなかったんです(最高で1♀で80頭)。





たまたまラッキーだったんですね(笑)







………で、本題の「試練」です(笑) ←しつこい





今年の始めからの流れを説明しますと、まず最初のペアリングで♀が★。


援軍♀での再度ペアリング(♂顎縛り)からのセット→空砲&無精卵3個。


再度ペアリングし直して、再び再セット。


師からの授かり物の、種付け産卵確認済み♀×2を産卵セット。



この再セットと種付け♀の産卵セットは、私的に後が無い、気合いの初カワラ材セットを組みました。

カワラ材自体が初めてだったので、使用方法や注意点等を、先輩方のブログや購入ショップのHPで調べてから使った(つもり)でした。


加水の必要は無いと、殆どの方も言ってましたので、そのまま樹皮を剥いで使用しました。


2週間くらい経ったので、ちょっと試し割り(試し割りには遅い?汗)しようとしたんですが、まずあまり材をかじってないのと、材が異常に固い(汗)


樹皮を剥いだ時点で、結構違いを感じましたが、爪を立てて「こんなもんかな?」って位の硬さだったはずなんですが、ちょっと割ってみようと思ったら何しろ堅い。


嫌な予感満載です(汗)




飼育初年度からブログまで始めて、「自己ブリ幼虫が採れませんでした」ってんじゃ話しになりません(汗)



時期ズレは承知の上、再度この際なんで、勉強と経験も兼ねて別の方法(大したもんではありません)でセットしてみます。

堅いカワラ材もちゃんと割ってないので、まだ分かりませんが、わずかな期待はしてます。


試練とゆうより「下手くそ」なだけですけど(笑)


飼育を再開してから、いろんな経験が出来て、これが今後の「勝負年」に起きるよりは、その時に生かせる経験を(まだ2ヶ月ですが)出来たと思ってます。








別の話しですが、ワインセラーでの飼育で、奥と扉付近に温度計を設置して温度差を見てるんですが、奥24.5くらいで、扉付近は26.5度と、2度近い誤差です(汗)


ワインセラーって温度管理が難しいと感じ、ファンでも付けようかと考えていた時、ちょっと同じ温度計で同じ場所の温度を計ってみました。












「何じゃこりゃ?」です(汗)



1.3度も誤差がありました。


初めの使用時に、誤差に関しては確認してから使用したのですが…………


電池を外して換えてみたら、それだけで電源自体が入らなくなってしまいました



温度計を信じ切るのも良くないと分かりました(;^_^A




始めから上手くいかない日々で考えさせられる事ばかりですが、今後に生かせる良い勉強になっていると、前向きに考えるようにしてます!(笑)



こんなダメな私を見捨てないで、今後もお付き合い宜しくお願い致しますm(__)m


 
今年度の自己ブリに関しては、絶対に諦めませんので!
 



だらだら、長々と長文、申し訳ありませんでした





…………しかし、スマホで長文は疲れる(汗)
[ 2013年07月28日 11:30 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(10)

参った(汗)

ずっとパソコンの調子が悪かったのですが(古いだけですが)、先日開いてみたらとうとう使えない状態になってました(汗)

私、自宅ではPCでインターネットぐらいしかやらないので、特にPCに詳しい訳でもなく、こだわりもなかったので、未だにXPを使ってました。

容量不足で年々使いずらくなっていき、立ち上げから動きまで重過ぎて時間が掛かるのが面倒で、スマホにしてからはスマホで済ましてました。

私も飼育データ表でも作ってみようとPCを立ち上げてみたら、「セキュリティ-とその他の配信サービス停止のお知らせ」が画面に出てるじゃないですか(汗)

セキュリティーをアンインストールしないとインターネットの接続が出来ませんとの事。

アンインストール後も重くて使い物になりません(汗)

家族も無いと困ると言うので痛い出費になりそうです(T^T)


普段、皆さんのブログの拝見などもスマホ中心なので、急に必要という訳ではないのですが、やはりデータ管理の上では無いと困りますよね(;^_^A

今回は独り言で(^^ゞ
[ 2013年07月26日 12:19 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(-)

追加分

「大鍬道」のタケセイヨウさんとリンクさせて頂きました!

今後とも宜しくお願い致します(^^)











オクを見ていると……………




 





ポチっとしてしまいませんか?(;^_^A







今回購入したのは幼虫計11頭です^^











いろんな方々のブログで拝見してましたが、分かる方はこの梱包で分かりますよね。






オクで見られた方いらっしゃると思いますが、shima1007さんから久留米の幼虫3頭、譲って頂きました^^


他の方のブログに記載されている通りで、凄い丁寧な梱包でした。









マツノ血統 親♂85.4mm×♀54.5mm





系統図も綺麗で凄い分かりやすい作りでした。

shimaさんには、いろいろなアドバイスやお話しも聞けて、大変感謝しています(^^)

ありがとうございました^^






第二段






「オオクワガタが如く」でお馴染みの「龍さん」から、YGの幼虫8頭を譲って頂きました^^







親♂84.1mm(866直仔)×♀51.7mm(853直仔)




証明書も格好良いです!





龍さんありがとうございました!(*^_^*)




龍さんのブログ、「オオクワガタが如く」


リンクも貼らせて頂きました!



今後とも宜しくお願い致します(^^)





今回譲って頂いた幼虫達は、今の私の飼育環境と知識では勿体無い幼虫達ですが、他の幼虫達も含め大事に飼育していきます!(^^)




後は、今セット中の自ブリの幼虫を、何が何でも採らないとですね(;^_^A
[ 2013年07月21日 23:33 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(12)

近況

こんにちは^^

少し過ごし易い日が続いたと思っていたら、また暑い日が来ましたね(汗)


そんな中、先日は千葉県のデイスターとゆうコースでゴルフをしてきました。






スコアは書けませんが(笑)





本題の飼育の内容ですが、ashtakaさんから頂いた♀を産卵セットに入れました。


今回もカワラ材を使用しました。



後がありませんので(笑)


それにこの頂いた♀の幼虫は、私自身なんとか採りたいと思ってます。






その他の悩みとして、室温が日中は30度を軽く超えてしまうので、冷温室の自作をいろんな方々のブログを参考にして製作しようとしていて置き場所の相談を嫁にしたら…………










設置場所の交渉が成立するまで冷温室の製作はおあずけです(汗)



子供も大きくなったので、家族の理解を得るのは大変です(;^_^A



今年「ゼロ」から始めたので、設備や用品を揃えるのに結構、投資が掛かって大変です(汗)


まだまだですが。



そんな状況で室温30度超えの中、産卵セットや成虫の管理をどうするか考えて用意したのが冷風機。






結構冷たい風が出ます^^


しばらくはこれでなんとかやり過ごします(汗)



毎日のようにこんな事を考えながら、先輩の方々の工夫を参考にしたくて、いろんな方々のブログを拝見させて頂いております。

そんな時、リンク先のefdenさんのブログで「夏場は床下の利用」という記事がありました。

その他の方の記事にも同じ内容が多々あったのを思い出して、「確かウチも床下あったな」と今頃気付きました(汗)


床下の蓋を外してみると、良い感じで冷ややかな感じです。

丸2日くらい猛暑の日に最高と最低の温度を計ってみましたら、最高で29度、最低で25.5度と温度差は出てしまいますが、30度を超える場所よりはと思って産卵セットをとりあえず床下に入れて様子を見てみようと思います。







この先、幼虫も含めて常温での管理が余儀なくされると思いますので、この床下は大変ありがたい発見でした(笑)



しかし、冬場は温室がないと厳しいでしょうから、環境的にまだまだ課題が山積みです(;^_^A
[ 2013年07月20日 11:16 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(10)

神からの援軍

こんばんは(^^)


ダイトウさんと相互リンク致しました!

今後とも宜しくお願い致しますm(__)m








今日はタイトルの通り、まさに私にとって「神からの援軍」が届きました!









私がオオクワ飼育を再開する「きっかけ」となった、有名ブリーダーのashtakaさんからの頂き物です。


今、気合いの再セットをしている久留米産のペアもashtakaさんから譲って頂いた個体で、それ以降は、いろんな相談を聞いて頂いたりアドバイスをして頂いたりで、本当にお世話になっている方です。




最初の♀がペアリングの時に、★になった時も、変わりの♀を補充して下さり、今回はそれでもダメそうな私に、確実に産んでくれる使用済みの♀を送って頂きました!









久留米産♀49mm







久留米産♀50mm




系統も私には勿体無いくらいで、さらに種付けした♂は、ashtakaさんの自己ブリ個体の83.5mm!


本当に申し訳ないのと、感謝の気持ちでいっぱいです!


ashtakaさん、本当にありがとうございます!m(__)m



必ず産ませてみせます(*^_^*)





時期的に、少しズレが発生してしまいそうですが、それも我が家の環境での良い経験となるでしょう。

少し休ませてから餌をたっぷり与えてセットしようと思います。















BE-KUWA 48買いました。

以前は雑誌を買ってくると、次の号が出るまで何回も読み返していたものですが、今はネット社会。

先輩ブリーダーの方々のブログを拝見する方が、良い勉強になり、最近の日課であり楽しみでもあります。


今回のBE-KUWAでは、前回の続きのメルリンカート様の記事を熟読しました。

ギネスサイズを作出する為の経験と研究の結果を惜しげもなく執筆される姿に尊敬致しました。




家の設計すら飼育部屋を中心に考えるあたりは真似出来ません(汗)



ウチでは嫁に却下されて終わりですが(笑)


時代を作っていく方達の努力と研究心に、私なんかが近付く事は出来ませんが、私なりの努力と楽しみ方で、今後も頑張っていきたいと思います。
[ 2013年07月14日 00:01 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(10)

再々セット

暑いですね~





連日バテバテです











昨日は仕事の後、暑さ残る中ゴルフの練習に行って非常に後悔しました(笑)





軽い熱中症ですかね






皆さんも体調崩さないよう気をつけてお過ごし下さい。








本題の久留米再セットを先ほど致しました。













先日、飼育用品をDOSさんに発注した時にカワラ材があり、以前も含めて使用した事がなかったので、試しに購入してみました。



袋から出してみると、なんかグロイです(汗)












皮を剥いでみると、普通の産卵木と変わんないですね。














そしてマットのセット。









割り出した幼虫の一時保管用に用意していた微粒子の発酵マット。





後がないラストチャンスなので、マット産みも考えて、私的には気合いのセットです!(おかしなセット方法でしたら御指摘下さい)











ケース底に固詰めしてからカワラ材を置き、さらに少し材を隠すくらいにマットを入れてます。












何かで剥いだカワラ材の樹皮を少し入れると良いみたいな記事を見たことがあるような気がしたので、ちょっと入れてみました。(適当)














後は神頼み(笑)







お願いします!…………って感じです(笑)







皆さんのブログでよく思うのが、ノギスをあてて写真をよく撮れるなーと。












ノギスあたってません(笑)





顎は開いてくれないは、暴れるはで全然ダメです(汗)





私が信頼しているブリーダーの方から、来期の種親として譲って頂いた能勢YGの個体なんですが、こんな画像での紹介では失礼になりますので、写真が上手く撮れましたら、改めて紹介します(^^)








神様、産んでくれますように
[ 2013年07月10日 23:33 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(6)

…どうしましょう(汗)

梅雨明けしましたね。






朝9時過ぎの和室(飼育部屋)の室温(INが室温)です。


日中は外出していて、帰宅時に日中の最高室温を見たら………




34度





我が家の和室にはエアコンは無くて、となりのリビングでエアコンを使用していれば、人が出入りする分には不快さは感じないのですが…

夕方、リビングでエアコンを使用している状態で和室の飼育スペース(西日のあたる窓際)の温度を見たら30度でした



皆さんは成虫の飼育スペースの管理はどうしてるんでしょうか?


エアコンで飼育部屋を管理できる方は問題ないでしょうが、冷温室やワインクーラーのみでの温度管理だと、幼虫までで成虫までのスペースは厳しいと思うのですが……


以前は夏場はすべて常温でやってましたが(笑)




今後の夏場の管理が段々深刻になってきました(汗)


やはり冷温室の自作ですかね(;^_^A







話し変わって、久留米の再セットなんですが、気になって2本とも割ってみたら、やはり空砲ばかり。


卵が2個だけありましたが、一つは翌日に黒くなって★、もう一つも大きさ的に無精卵みたいです(汗)



少し♀を休めて餌をやり、再びペアリングしていますが、♂が♀に近寄らない感じで、正直期待出来ないって感じです


少数でやる以上、どうしても起きる問題ですが、産んで欲しいペアで採れないとショックですね。


初年度のスタートで、気に入った♂の累代から始めたかったのですが、気持ちを切り替えて譲って頂いた幼虫達を大事に飼育していき来期以降に備えたいと思います。

以前紹介した、後輩からの「阿古谷」ペアの割り出しも、卵が8個ですべて無精卵でしたが、こちらは再セットしません。


今後飼育ラインとしてやっていく予定にする気になれないので。


とりあえずは久留米の再ペアリングからの再セットで、ダメなら今季は諦めます。


あとは来期以降に向けて、いろいろ勉強しないと!(^^)
[ 2013年07月07日 20:21 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(6)

着々と……

こんばんは(^^)



先日、ゴルフ用品やら洋服やらでゴチャゴチャだった和室を気合いを入れて片付けをしました。


……そして、毎日のように我が家に届く荷物。

















カミさんが呆れてます(汗)


和室を占拠しました(笑)






…………そして
























来期の準備





詳細は来期からの飼育方針と飼育の方向性が決まってからお知らせします^^;




久留米の産卵セットを再度し直してから一週間、♀が良い感じで産卵木をかじってたので試し割りをしてみました。







見事に空砲




ヤバいです(汗)



もう少し様子を見てから再度ペアリングしてみようと思いますが……




なんかペアリングでこんなに苦労した事なかったんで相当焦ってます
[ 2013年07月04日 21:17 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(10)

考え事……

efdenさんと相互リンクさせて頂きました

ありがとうございます(^^)





最近、オオクワガタ飼育の事ばかり考えていて、ゴルフの練習してないからヤバいです(汗)








ここ数日に良く考えているのが、以前(10年位前)飼育していた頃の知識や経験が今の時代の飼育に通用するのか。

通用するも何も、当時は冬こそ温室2台で管理してましたが、夏場はカミさんの目を盗んで日中エアコンをタイマーで数時間セットする程度の常温飼育でしたが(笑)

最大サイズも77mmってとこでした(汗)(夢の80mmの時代でしたから)






悩んでいる訳ではないですが、例えば「親のディンプルの遺伝説」や、「親の型の遺伝」。

♂親の形状の遺伝に関して私が感じたのは、同腹でもさまざまな感じがしたと思います。

幼虫時代の環境で、温度や餌の合う合わない、固さや菌糸の状態も含めて形状に多少なりとも変化が出るような気がしました(偉そうにスミマセン)



当時私は、パソコンなど所有してなく、情報としては「KUWATA」や「昆虫フィールド」、「月刊むし」などの雑誌の記事が頼りでした。




「森○紳○」氏を(今でも)神のように思ってました。


森○氏の執筆記事を参考に、飼育を楽しんでいました。





今の飼育でも基本は同じだと思うのですが、種親選びの段階で、大きさと形のどちらを優先するか。

大きさと形の両方を兼ね揃えた親個体なら最高ですがね。

大型を作出するには大型の種親を使用するのは今も昔も同じですよね?



その他、大型が出たアベレージの高い血統(系統?)などの要素が必要になるのを勉強しました。


以前の私は「形」にこだわっていました。

当時マンション住まいに加えて、まだ子供が小さかった事もあり、飼育の環境作りで夏場の温度管理が不充分だった為に大型の作出は「突然変異の偶然」に頼るしかありませんでした(汗)



今はブログやネットで色々な方々の工夫や思考錯誤の努力を参考に出来ますが………単に私の努力不足ですね(笑)



産卵セットの割り出しのタイミングも、以前KUWATAでの記事で、卵で割り出すより、幼虫で割り出した方が、栄養を取り込むのが早い?とか(♀が産卵時に埋め戻す木屑に秘密があるとか……孵化して始めに卵の殻を食べれば問題なかったような………………うろ覚えでスミマセン


このあたりは私自身、あまり変化は感じなかったような気がしました。

だから大型が出せなかったのかもしれないですね(笑)

夏場の温度管理に「ワインクーラー」を使用するなんて、私には想像もつきませんでした。


いろんな方々のブログで、「自作冷温室」を製作し利用している方々、尊敬致しました。

また、参考にさせて頂きます(^^)


今は情報収集もネットやその他で仕入れる事が出来ますので、以前とは違った形で飼育していきたいと思います。

他人の飼育を参考にするばかりではなく、自分なりに思考錯誤して努力していきます


なんか訳わかんない文章でスミマセン(汗)





何としても産卵してもらいたい久留米のセット1週間後の状態。


良い感じ……にも見えたんですが………





以前の記憶だと、♀が産卵した産卵木は青カビが消えるような記憶があるのですが………





にわか知識でスミマセン(汗)





間違ってたら厳しく叱って下さい
[ 2013年07月01日 20:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

mustar

Author:mustar
      
mustar : マスター
趣味 : クワガタ飼育


★能勢YGを主体で飼育していますが大きくできません。

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2013年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


タイトルリスト
◆Date:2013年07月
ALL
ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳
2014年度羽化 能勢YG87.3mm

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR