mustar's room TOP  >  2013年12月

今年の感謝の気持ち

こんばんは^^

今年も残りわずかとなり、皆さん仕事納めも済まされて年末年始の休みに入られたようですね。

私は年末年始が一年間の勝負所なので31日まで仕事で残業までが確定してます(T_T)

趣味の為にも頑張って稼がなければですね。

ここのところは、クワネタに関しては記事に出来るネタも無く、仕事に追われる毎日でした(汗)


今年の6月中旬からオオクワガタブリードを始めて、同時にブログも始めました。

ブリードに関しては、自己ブリに失敗した所から始まり、ashtakaさんには本当に色々とお世話になってしまいました(汗)

飼育幼虫も、殆どが購入した幼虫達でお試し飼育的な感覚で今日までやってきましたが、一向に大きくなりません(;^_^A

今後の経験になればと思って色々と考えてはいますが、予期せぬ早期羽化も含めて悩みばかりです(汗)

そんな中でやってきましたブログも、開始当初は続くかどうかの自信も無く、見てくれる人などいないだろうと思っていました。

内容を自分で読み返しても本当につまらない内容です(笑)

それでもたった半年間で、たくさんの方々とブログを通じて知り合い、色々とやり取りしてくださった皆さんには本当に感謝しております。

自己満足の趣味とはいえ、一人で地味にやるよりは情報交換や意見交換など、色々とやり取り出来る方々がいるだけで、凄く刺激や励みになりました^^

そのうえオフ会まで参加させて頂いて、大先輩達のお話しを聞けたのが、更なるモチベーションアップになりました。


こんな初心者の私なんかとお付き合いして頂き、本当にありがとうございましたm(__)m

来年度からは私なりに、本格始動のつもりで頑張っていきますので、来年は今年以上のお付き合いを宜しくお願い致します♪(*^_^*)



それでは皆様、良いお年をm(__)m







スポンサーサイト
[ 2013年12月29日 02:11 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(38)

早期羽化と近況と比較検証

こんばんは、御訪問ありがとう御座います^^



はじめに、タイトルにある「比較検証」はたいしたものではありませんので期待しないで下さい(笑)


先日紹介したYG3番ラインの9gで暴れからの自然早期羽化♀を取り出してみました。


P1000287.jpg


今期第一号で完品です!^^




P1000283.jpg

13Nー3-5   84.1(866直仔)×51.7(853直仔)龍さんから幼虫購入

7月23日初令投入 LEVIN‐G800H(交換前に暴れ)
10月14日 9g  S4 800  (交換後暴れから蛹化)
11月13日 蛹化
12月3日 羽化
♀ 44㎜


9gからなので当然サイズはこんなものですね(笑)

第1号なので、無事に羽化してくれただけで嬉しいものです^^

クワノギスもさりげなく初使用です(笑)



そして、YG1番(銚子オオクワ様から)の3本目への交換を始めると・・・


P1000290.jpg


羽化してるし!(笑)


P1000288.jpg

しかも完全に固まっています。


2本目交換時12gでしたので、さっきのよりはと計ってみると・・・




P1000291.jpg


ちっさ~の42㎜です💦

暴れた形跡も無く、交換直後にスィッチ入っちゃいましたかね?(;^ω^)

画像を載せるのも恥ずかしいサイズですが、第1、2号とゆう事で大目に見て下さい(笑)



13N-1-1  82.8(866系)×54(80系)銚子オオクワガタ倶楽部様より幼虫購入

6月19日  初令  HS800
9月22日  12g HS800
羽化11月?
♀42㎜
ですm(_ _)m



もう1頭、13N-1-3

P1000281.jpg

こちらは13gから微増の15gでした。


銚子オオクワさんからの幼虫は♀に偏ってしまいましたので、今後使用できる良いのが羽化する事を期待していましたがこんな感じです。

皆さんのYG早期羽化の記事をいろいろと見ていましたが、自分で経験して改めて難しいと感じました。


その他、久留米1番ラインの残り数本の交換をしましたが、結果は報告の出来る内容ではありませんでした💦

30gはおろか27gが最大とゆう結果に、来年度の課題として何が問題だったかも考えないといけません。

中には、既製品ボトルで3か月間ほとんど食痕も出ずに綺麗なままのボトルもありました。

時期で交換した所、居喰いのような感じで生存していたにも拘らず、1gの微増とゆう結果でした。

2本目から伸びると言われている久留米でこのような内容になってしまった事も、先日色々なお話しを聞けた後の今では、私なりの理由付けが出来るようになりました。

それを次に生かすのもまた難しいと思いますが、やれるだけやってみます(^^)

飼育データも時間を見て更新していきます。





その他、先日リンク先の  ひでのぱぱさん が菌糸詰めの際に、「Fe3⁺」の効果に関する検証を報告していました。

そこで私も違うメーカーの菌糸で同じように検証してみたので御報告したいと思います。
(大げさなものではありませんww)

環境差を言うなら、ひでのぱぱさんの福岡編に対して私の神奈川編って感じですかね(笑)


私が今回使用した菌糸は、EXCEEDさんのLEVIN‐Gです。

使用ボトルはDOSさんの硬質クリアボトルの1300です。

詰め加減は、ボトル込みの総重量で890g位でFe3⁺を使用と未使用で合わせました。

硬質クリアボトルの重量が115g位です。

羽化ボトルなので硬く詰めたつもりですが、以前詰めた時よりも軽めになってしまいました💦

前回このボトルを使用してEXTRAを詰めた時には総重量で950~970g位でしたが、水分量やオガの違いでしょうか?

中粒子の割に大き目のオガに感じました。

以前、剛腕masaさんのレバー故障記事を拝見したのでビビッてしまったのかもしれません(笑)

噴霧の量は、ひでのぱぱさんより少なめに1ブロックに対して15回位です。


空気穴は開けませんでした。


温度帯は回り易い温度より、あえて少し低めの温度帯で検証しました。



P1000260.jpg

P1000261.jpg


詰め後2日目の状態で、21~22度での管理です。

殆ど見た目の違いはありません。


P1000265.jpg

P1000267.jpg


4日目もだいぶ回ってきましたが、回り具合に違いを感じませんでした。


P1000268.jpg




ところが・・・・



P1000269.jpg


1週間目の状態ですが、見た目に違いは感じないんですけど・・・












P1000270.jpg


全く同じ環境で管理していたのに、未使用の方からキノコが発生していました。


P1000271.jpg


このボトルだけたまたま発生してしまったのかと思い、一緒に管理していた他の未使用ボトルを点検すると



P1000272.jpg

PPの800ボトルですが、シールを突き破っていました(笑)

21~22度位の低めの温度帯での比較でしたので、結果的に未使用からはキノコが発生しましたが、あくまでも温度帯での刺激による発生と、私の取り扱いによる問題と思われますので菌糸の品質には関係ないものと思って下さい。

しかし全く同じ状況で、Fe3⁺使用ボトルからは全てキノコは発生していません。

未使用でキノコが発生する条件下で、使用する事により抑えられた時点で目に見える効果を感じました。

その他の回る速さや劣化の抑制に関してはまだ私レベルでは実感として分かりませんが、効果を感じられたので今後も使用してみようと思います。

また、私は今年詰めた菌糸には毎回Fe3+を使用していますが、全てに同じ結果が伴った訳でもなく菌糸によっては最後まで回らなかった物もありました。

ひでのぱぱさんの検証でも使用したものが回らなかったり、水分量や噴霧量でも左右されるみたいですので使用にはコツみたいなものがあるのかもしれません。
菌糸やオガによっても合う合わないもあると思います。


※あくまでも私個人の環境内での検証結果とゆう事を御了承頂きたく思います。

長文の記事にお付き合いして頂きありがとうございましたm(__)m




今回は小さい羽化報告に、皆さんに気を使わせてしまいそうなのでコメントは閉じさせて頂きます(笑)


年末の繁忙期を頑張って乗りきりましょう!(^^)















[ 2013年12月17日 18:08 ] カテゴリ:2013年ブリード | TB(0) | CM(-)

オフ会

こんばんは。


御訪問ありがとう御座います。

先日から急激に冷え込んできましたね

年末を迎えて風邪などひかないように注意したいと思います。



先日の14日(土)にタイトルにもありますが、よしくわさんからお誘いを頂き、オフ会に参加させて頂きました。

よしくわさんからのお誘いに嬉しく思い、仕事を早々と切り上げて現地に向かいました。(翌日に回しただけですが)


普段、電車には殆ど乗らないので迷子になるのではないかと心配しながらも現地に無事到着し、合流出来ました。



会場は町田の「塚田農場」。


オフ会の聖地、塚田農場初体験でしたww


メンバーはよしくわさんをはじめ、paxさん、くわさん、ひろしさん、ちょっと遅れてこちろさん登場。

私を含めて6人でのオフ会でした。

大先輩の方々の前で、緊張していてうまく話せていたのか失礼が無かったのかと、今になって気になります

ちなみに私はお酒は飲めません



初めは緊張していて上手く喋れませんでしたが、皆さん優しくて気持ちが落ち着くまでに時間も掛かりませんでした。

何しろ皆さん流石に経験から実績も含めて、本当に詳しいです。

そんな中、私はここぞとばかりに素人丸出しの質問ラッシュで、いろんな質問や意見を聞きまくりで初対面なのに失礼だったかと反省しています(汗)

皆さん本当に優しい方ばかりで私の初歩的な疑問点や質問に親切に応じて頂けました。


それに、何よりも皆さん 熱い です!

拘りや熱意がガンガンと伝わってきました!



・・・よしくわさんは違うものに夢中でしたが(笑)









P1000276.jpg


当たり前ですが初来店なので主任です(笑)


P1000278.jpg


スマホにみずきちゃん直貼りシール(笑)
(よしくわさんすいませんww)



翌日仕事だった為に1次会で失礼させて頂きましたが、後ろ髪を魅かれる様な感覚で、まだまだお話ししたい気持ちでいっぱいでした。

約3時間でしたが本当に有意義で楽しい時間を過ごせました。

同じ趣味を持つ人達で会話が出来るのは本当に楽しいですし、何より私にはこれ以上ない勉強の場になります。


よしくわさん、paxさん、くわさん、こちろさん、ひろしさん、この度は楽しい時間をありがとう御座いました!

オオクワブリードへのモチベーションが上がりました!^^



またお願い致します(^^)









[ 2013年12月15日 19:19 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(30)

またまた用品(笑)

こんにちは^^


御訪問ありがとう御座います♪

皆さんは交換時期の真っ只中でお忙しい日々が続いていると思いますが、クワ作業に至っては私はやる事がありません(笑)


仕事の方は忙しいので、その部分では助かりますが来年からは頑張らなければと思います。


この記事も前回まとめて書いたものを分けての投稿です。





用品の記事ばかりで申し訳ありませんが、初年度は飼育設備を揃えるのも楽しみの一つなので、どうかお付き合い下さい^^

スルーでも構いませんので(笑)


今回はオクにも出品されている商品で、飼育上必要なアイテム(?)の「餌皿」を製作して頂きました。


P1000243.jpg


色々な飼育用品の製作でお馴染みの kentecさん(←クリック) にお願いして製作して頂きました^^



kentecさんのブログを拝見していて、いろんな容器や用途に対応した餌皿が種類も豊富にありましたので思い切ってお願いしました。





P1000244.jpg

1300cc,1500ccボトル対応 越冬Ver

P1000245.jpg

裏側は成虫が入れる創りです。


P1000246.jpg


国産種のペアリング用


P1000247.jpg


裏側。♂♀で仲良く入れます。


P1000250.jpg


16g,17gワイド、18gワイドゼリー兼用Ver ツイン。

画像が反射で見づらくてすいません


P1000251.jpg


足を付けて頂きました^^


P1000252.jpg


P1000248.jpg

550cc,800ccボトル対応 薄型











そして今回製作して頂いた総数









P1000254.jpg



当面の間は餌皿に困らなくて済みそうです(笑)


これだけの量をお願いしたのは、製品のクオリティーに対して、お値段が格安だった事です!


非常にお値段に対しての「お得感」と、製品の出来栄えに「満足感」がありました!^^

餌皿はどんだけあっても困らないので希望のサイズや使用容器、用途に合わせて制作して頂けるのは嬉しいですね。


kentecさん、お忙しい中ありがとう御座いましたm(_ _)m


御注文は 

「kentecの道産子クワプロジェクト!!」 まで(^^)




















・・・続きまして(笑)





















気が早かったかもしれませんが、先月の末に産卵木を取り寄せました。


IMG_20131126_2054081.jpg



皆さんの記事で「良い」とのお話を良く見かけましたので、ドルクスルームさんの「クヌギAL規格材」をお願いしました。


来年は他にニクウスバ材やカワラ材も使用してみたいので、「ハーフ箱」でお願いしました。




産卵材って皆さんはどの位の時期に用意するのでしょうか?


早く取り寄せ過ぎて保管の期間が長くなると品質に影響とかが出るのでしょうか?


くだらない質問かもしれませんが、御意見お願いしますm(_ _)m






それではまた^^















[ 2013年12月07日 09:46 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(26)

菌糸掘り棒の使用感と近況

こんばんは、御訪問ありがとう御座います^^


12月に入り、皆さん師走とあって、仕事や3本目の詰め作業に交換作業と忙しい毎日を過ごされているかと思います。

私も仕事で年末年始の対策業務と毎年の事ですが、大晦日まで忙しさは続きます


クワネタですが、ブログ上で掲載していました「飼育データ」ですが、私のPCの知識では先日までの掲載方法が精一杯でしたが私自身が以前から「見ずらい」と感じていました

そこで相互リンクを頂いているクワ友さんの トシクワさん に手解きをして頂き、webページからプラグインで開ける形に出来ました。

トシクワさんの説明は、PC無知な私でも分かり易くて本当に参考になりました。

トシクワさんありがとう御座いました(^^)

正直、更新時が心配ですが・・・

興味ないとは思いますが、気が向きましたら左の「飼育データ」も見て下さい^^




続いて前回プレ当選品で紹介させて頂きました、 黄色い鮎が好きさん 製作の「菌糸掘りだし棒」を使用してみましたので、使用感の御報告をしたいと思います。


久留米の1番のよしくわさんからの幼虫の交換時期がそろそろなので、交換時の掘り出しと幼虫を投入する穴開けに使いました。


P1000233.jpg

投入の穴開けからですが、サクサク掘れるので非常に便利です^^

P1000236.jpg

綺麗な形で穴を開けられました。

持つ部分の先に、黄色い鮎が好きさんの説明文を見て、「椅子の足のゴム」を付けてみましたら良い感じにピッタリでした^^

P1000237.jpg


次は幼虫の掘り出しですが、こちらも問題なく掘り進むことが出来ます。

ただ、スプーンやスパテルとは違うイメージのアプローチが必要なので、コツが必要です。

大切な幼虫を傷付けないようにする為にも慣れている方を使用した方が良いと思います。

全ての作業に個人差は必ずありますので、自分に合った用具を使用するのが1番ですからね。

この「掘り出し棒」は私にはいろんな用途で便利な存在になりそうです。

改めて、 黄色い鮎が好きさんありがとう御座いました^^




そして、交換した久留米13K-1-6の結果は・・・




P1000238.jpg



画像を載せられる内容ではありませんがせっかくなので

よしくわさん、私の力不足です(T T)







次に、先日報告しましたYG3番の龍さんからのラインで蛹化した♀


P1000206.jpg


昨日の朝見たら・・・


P1000239.jpg



そして今日・・・


P1000240.jpg




掘り出してみないとまだ分かりませんが、翅も閉じていて無事に羽化しているように見えます。


9gからの自然早期羽化なのでサイズは期待できませんが、私の「第一号」なので無事に羽化してくれるだけで嬉しいです
(^^)

2週間位は我慢ですね。






皆さんは3本目の詰め作業に交換と大忙しの時期だと思いますが、皆さんの良い報告記事を楽しみに拝見させて頂きますので、 


物凄いのお願いします!^^








それでは今日はこの辺で^^

















DVC000651.jpg
[ 2013年12月05日 00:13 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(26)
プロフィール

mustar

Author:mustar
      
mustar : マスター
趣味 : クワガタ飼育


★能勢YGを主体で飼育していますが大きくできません。

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


タイトルリスト
◆Date:2013年12月
ALL
ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳
2014年度羽化 能勢YG87.3mm

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR