mustar's room TOP  >  2015年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追加幼虫の紹介



アッチぃですね~(汗)

毎日がウンザリです(;^_^A

2015年度ブリード幼虫も全て投入が済みました。

YG130ぐらいに久留米が80で、合計210ぐらいです。

1本目で★や消滅する幼虫も出てくるので、2本目交換時には200ぐらいになると思います。

昨年同様に、2本目交換時に個体番号を、全ての交換終了後に管理表をアップ致します。(1本目からの欠番を作りたくないので)


使用菌糸は久留米のKSP-2以外は全て神長さんの菌糸で、今年はリスク分散等は考えずに心中する覚悟です。
信頼してますので不安はありません。





今回は、最後に追加したYGの幼虫を紹介させて頂きます。

B団の団長さんからオクでポチっと購入致しました。





IMG_1834.jpg


IMG_1831.jpg
(団長さんの系統図をお借りしました)



今年はGullさん1304ペアからの幼虫採りに失敗していたので、同ラインの♂86.0mmからの幼虫が欲しくてポチっといきました。

♀もGullさん1404の早期羽化♀で、同腹の成績も素晴らしいので魅力的です。

団長さんにお願いして追加させて頂き、計4頭を譲って頂きました。

団長さんありがとうございました。
楽しみなラインなので大事に飼育致します。





投入が早かったラインは1ヶ月経過し、食痕が出てきたボトルも多く見られるようになりました。

試しで採った幼虫は、期待ラインなので♀は早期羽化させるつもりで採りました。
来週には3ヶ月なので交換が楽しみなのと、ある程度の良し悪しが分かってくるのも楽しみです。


いろいろと妄想してしまいますが、昨年は自然早期羽化にビビってかなり弱気な管理をしていました。

今年は自然早期羽化「上等」の覚悟で温度を攻めていきますww


体重を乗せられるようなイメージの組み合わせも、徐々に見極められるようになれたらと思います。





またいろいろとありましたが、久留米で明るい話題もお聞きする事が出来て私事のように嬉しく思いました。

この場をお借りして、チョネさん87.5mmおめでとうございます!^^






では連日暑いですが、夏本番はこれからなので頑張って乗り切りましょう(;^_^A














スポンサーサイト
[ 2015年07月30日 18:15 ] カテゴリ:2015年ブリード | TB(-) | CM(-)

2014年度の総括 (まとめ)


2014年度のブリードも全てが終わり、管理表も全て更新を終えましたので1年間を振り返ってみての内容と羽化結果の御報告を私自身の記録も含めてまとめてみました。

かなり今回は長いですww

結果としては満足しているところもあり、逆に反省している部分の方が多いですね(当たり前ですが)

お試し的にとりあえずの飼育をしてみた2013年度の最大個体が81.5mmで、本格的に種親を入手して自己ブリードとして始めた2014年度。
入手出来る親虫のサイズも小さめの個体しか入手出来なかったので、目標にした85mmは翌年以降に種親として頑張ってくれる♂の作出が目的でした。

結果、87mmUPが出てくれたことは運が良かっただけの事であり、他の個体サイズを見ると目標としては正直達成感はありません。

羽化サイズ的にも87以下は実状84mm台であり、70mm台も多数出してしまいました。


ライン全体で見てもYGで2ラインだけが私的には良い結果の出たラインだったと思いますが、私の管理と判断が悪くて大きく羽化させきれなかったと思っています。

この2ラインともに早期羽化♀個体を親♀で使用していて、早期羽化♀の実績的な部分も私自身が実感できました。



まず平均値が1番良かったYGのDラインです。

♂親 83.5mm(Gull氏12年4番)×♀51.1mm(daitou氏13年2番早期羽化)

このラインはダイトウさん13年2番の早期♀に、ダイトウさん所有の♂83.5mmを種付けして頂いて譲って頂きました。

2本目交換時の最大体重の34gが出てくれて、里仔先の報告でも体重が比較的に乗ってくれていて私も期待していました。


しかし2本目の管理が行き届かずに暴れボトルが出てしまい、体重を減らしてしまったものを数頭出してしまいました


そんな中でもD101は34.3g→36.9gの成長後に羽化ステージの4月に入ってから急に動き出し、暴れを警戒し過ぎた私はボトル交換に踏み切りました。

36.3gと大した体重減はなかったのですが、やはり交換時の体重減を取り返せない時期に交換してしまったので羽化サイズは期待よりも出ませんでした


蛹室が小さかったので人口蛹室に移しましたが、それでも蛹体重は27.4gあり期待したんですがね~

20150602212308cff.jpg


で、羽化サイズは・・・


201507122047316b6.jpg

201507122047346bc.jpg

14YG-D101   84.5mm

我が家でのDラインの最大個体です。

蛹27.4gからの84mm台には正直凹みました

確かにガッチリした個体ですが、幅が特別にあるようでもなく、腹が収まりきれないような厚みがある訳でもなく蛹体重はどこに還元されたのでしょうか?ww


最後の交換は今になってもう少し様子を見れば良かったかと後悔しています




このDラインは他に

20150712204832924.jpg

20150712204831981.jpg

14YG-D113   84.0mm

このD113は、2本目交換時の31.8gから暴れで26.9gまで落としてしまいました。

当然期待もなく羽化を確認して掘り出してみたら見事にリカバリーしてくれていました。

101よりもスリムで綺麗な個体です。



Dライン最大個体は里仔先で凄腕ブリーダーの タケセイヨウさんが85.5mmをでしてくれて同服最大サイズを85mm超えにしてくれて感謝していますww

その他、里仔先のアプロさんからも85.5mmが出ましたが残念なことに羽根パカだったそうです。

タケセイヨウさんには4頭送っていて、♂3頭中85.5mmに84.2mmですからさすが凄腕です。

20150608101535bd1.jpg

201506081015344e1.jpg


84.2mmを里帰りして貰っちゃってます(;^ω^)


Dライン結果は最大85.5mmに、85.5mmB、84.5mm、84.2mm、84.0mm、(84.5mm羽化後★)で2014年度の平均値では1番良かったラインになりました。

良い管理が出来ていればもっとアベレージも上がったラインだと思います。

このようなラインから85mmUPや86mm台が出せないとダメだと思いました。



次に最大個体が出てくれたA4ライン。

♂親81.0mm(shima1007氏本家858直仔※ともさん里仔)×♀親48.5mmよしくわ氏13年7番早期羽化


こちらのラインは2本目交換時にはそれほどの印象はありませんでしたが、その後の経過で伸びた幼虫が急激な成長をしていました。

最大の87.3mmも2本目交換時には22.8gで「カビ」による1ヶ月後の救出交換でも25.3g。
その後、3ヶ月弱での交換時には38.2gでビックリしました。

そこから暴れもなく羽化までいってくれた結果が87.3mmでした。







以下は以前紹介した85.6mm。

20150614010118859.jpg

こう見ると完品なんですがね~

まだ生存はしていますが、相変わらず頭を下げてカニのように動いてます

ゼリーも食べられそうにないので使用は無理でしょう。

頭幅もあり顎も立派なので非常に残念な個体です
今年羽化で1番後悔している個体です

来年は余程の事が無い限りは「蛹を掘らない」と誓を立てさせられた個体でした。

この個体は1本目にボトルが足りなくてチビサイズ狙いでマット飼育の常温で飼育していたんですが、2ヶ月ぐらいでマットで21gになり、慌てて菌糸ボトルに換えてからカビで2ヶ月後に救出交換したら35.4gになっていた個体です。

最初から菌糸に投入していたらとか色々と考えさせられましたが結果が非常に残念でした



A4ライン完品での事実上の2番手が大きく差が出てしまいまして


20150712204935ab4.jpg

20150712204934525.jpg

14YG-A420  83.0mm

画像は83.3mmになっていますが、83.0mmで管理致します。

873からかなりの差が出てしまい、873での累代に失敗した時にはかなり痛いですね

アベレージも大事だと思い直しました(;^ω^)

A4ラインの全体的な特徴は、幅があるような感じで太いです。

♀も同様で頭幅が全体的にある個体が印象的でした。


最大個体の87.3mmも特徴としては同じです。

BE-KUWAでマサレッドさん執筆記事での親の選別方法を拝見して自分の個体を見て思ったのは、私の873には余裕が無いような感じです。

やはり親サイズ81mmに対してサイズが伸び過ぎた結果に限界を感じました。

伸びしろとゆう意味では、やはり85mmクラスの親から生まれた87mmとでは違うのだと思います。
(あくまでも個人的な感想です)


その他、里仔ラインから1頭御紹介。

大鍬道のタケさんからの里仔幼虫で、タケさん14年のA4ライン。

♂親80.2mm(本家1201)×♀親49.0mm(Tiga氏※Gull氏1107イン)早期羽化


20150712204834ecc.jpg

20150622195946a6e.jpg

14YG-Stk101   84.5mm

こちらの個体は里仔で頂いた個体の中の最大個体です。

最大時の幼虫体重が29.7gからの84mm超え(羽化後掘り出した時には85mmありました)は嬉しいサプライズでした。


こちらの個体は掘り出した時に私の中で凄い衝撃的な印象が強く、今年の羽化個体の中でこれだけ大顎に迫力のある個体はありません。

何しろ顎が直線的とゆうか張り出し?が凄く感じて、一言で言えば「カッコイイ」個体です。


私の好みで言うと、形状は2014年羽化個体NO1です!

この形状がサイズ狙いには不向きなのか向いているのかは分かりませんが、来年の種親候補として大事にしたいと思います。




次に久留米の結果ですが、正直惨敗です

YGとは温度帯や成長曲線の違いがあるのを意識しての管理をしたつもりでしたが、体重をまず乗せられなかったので結果が出る訳がありません

久留米の難しさを改めて思い知りました



最大個体は


20150622195916a74.jpg

2015062219585781d.jpg

14KU-Sma4  82.5mm

♂親82.0mm(マツノインセクト12-1)×♀親51.0mm(マツノインセクト12-5)

masaさんからの里仔で、masaさんとmindさんのコラボラインm&mラインです。


マツノさんの純血ラインですので、こちらも大事にしたいですね。

masaさんmindさん、ありがとうございます^^


久留米では今年、83mmを目標としました(;^ω^)




前に「アベレージよりも1発」と書きましたが、それも「あり」だと思っていました。

ですが2016年度の構成を考えていて思ったのは、1発の個体からの累代に失敗した時に、代替えになる個体が無いと苦しくなるのと、結果その年に出せた1発の結果も無駄になってしまいます。


2015年度はラインとしてのアベレージも可能な限り意識した形で出来たらと思います。


目標のイメージは、最大値が86mm台(完品)を目標に85mm台も同一ラインで1頭はとゆうイメージです。

そんなラインが1ライン出てくれたら目標達成とさせて頂きますww




今回で2014年度の全ての報告を終了します。




長文に最後までお付き合いして頂けた方、有難うございましたm(_ _)m


















[ 2015年07月22日 20:19 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(0) | CM(32)

上野に集合



7月11日の土曜日に、半クワ倶楽部メンバーで上野オフ会を開催しました。

2月の新年会の時に、次回は羽化結果も出揃う7月ぐらいとの約束の実現です。


午前中は仕事でしたので、午後ちょっと遅れての参加でした。

倶楽部オフ会の定番となりつつある「昼からの長期戦」ですww


昼正午あたりから合流して飲み始めていたのはougoさんとGMTさんらしいですが、その後あまり時間差無く集合したようで私が1番遅れての15時くらいの合流でした。

参加メンバーはトシクワさん、GMTさん、ougoさん、タケセイヨウさん、インディアンさんと私です。

ポチョJさんは仕事の都合で、reonroiさんはイチャイチャ?で欠席でした。


個室居酒屋でしたが、私が到着して目に入った光景は、店員さんお構いなしで虫出しまくりの光景ですww

久留米党のオフ会以外で初めて見ましたww




そこでいきなりの大型トレードを目の当たりに見て衝撃でしたね。

GMTさん14年YGの1Y番♂85.8mm(87.2mm同腹でアベレージ85mm超え)と、ougoさん14年の20番♂86.0mm(86mmアップ2頭)の大型トレードを目の前で見て、単純に「スゲェ~!」と思いました。

私もいつかはこのようなやり取りが出来たらと思いました(;^ω^)




私も前に書きましたが、今年の最大個体を皆さんに計測して貰いサイズを確定するために873(仮)を持参しました。

皆さん計測後にめでたく87.3mmで確定です。






折角なので記念撮影



IMG_1642.jpg




GMTさん、ougoさんの個体は余裕を感じ綺麗な個体でしたね。

私のは親サイズからもここまで伸びると余裕が無いように思います





その他、GMTさんと♀をトレードして頂きました。



IMG_1645.jpg


20150712160229ff1.jpg



先ほどougoさんとトレードしていた同ラインのGMTさん1Y番の53.8mmです。

私の方がライン、サイズ共に不釣り合いで申し訳ない気持ちです



GMTさん有難うございました^^





その後もクワ話しに私とトシクワさんは盛り上がり、他の方々はクワとは関係のない話しで盛り上がってましたww

酒の席でもあり、趣味以外の話しで盛り上がれることは良い事だと思います。



(狂犬?)タケさんの店員とのバトルも定着しつつありますwww




何時頃までいたか忘れましたが、1件目を後にして2件目はオフ会の聖地へ。


どこにでもあるんですねw




FullSizeRender0.jpg


やっと課長ですww



そこでバイオレンスな人生を歩んでいるインディアンさんの連れの方が登場。


なんでも上野に数店舗のお店を任されている「夜の帝王」的な方。


ougoさんも書いてましたが、第一印象は 「超コエェ~ッ!


最近、CTVで「仁義シリーズ」をよく見ますがまさにリアル安岡さんか竹内さんって感じです(;^ω^)

間違いなく道端で会ったら避けてしまうでしょう



ですが、そおゆう方って良い方が多いいんですよね。

話してみるととても気さくで凄く良い方でした。



GMTさんトシクワさんが先に店を出た後、その方の店に移るとの事で、私もそこで失礼させて頂きました。



その後、ougo氏とタケセイヨウ氏、インディアン氏はバイオレンスな夜を過ごした模様ですww





たまにしか集まれませんし中々皆さんの都合も合いずらいですが、このようなひと時が本当に楽しく感じます。


今回はポチョJさんにreonroiさんが欠席で残念でしたが、また次回皆さんで集まれたらと思います。





参加者に欠席の皆さん、また次回も宜しくお願い致します(^^)



IMG_1644.jpg














確定後、一応本日撮影画像



201507191246156c3.jpg


20150719124618801.jpg


201507191246192e7.jpg



20150719124616364.jpg



アナログノギスは1人撮影の上、虫にばかり気を取られながらの撮影で肝心なメモリが斜めで見づらいのは御勘弁下さい

ギネスとは遠いのでww








2014年度の管理表を全て更新しました。

サイズは測り直しで誤差が出るものもあるかと思いますがその都度の変更は致しませんので目安的にお考え下さい。

大したラインにサイズではありませんので御了承願いますww






AKB48の8月1日のさいたまスーパーアリーナ~川栄さんのことが好きでした~のチケットが一般で応募して当たってしまいました(*^^)v






[ 2015年07月19日 14:17 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(18)

2015年度 能勢YG

まずは チョネさんブログで告知されておりますイベントの宣伝から。




bana1-.png



詳しくはチョネさんブログで確認して下さい。
(私は仕事の都合上、今年は厳しそうですが💦)








先日は久し振りの倶楽部メンバーでのオフ会に参加しました。

その時の模様は後日に御報告させて頂きます。





2015年度の能勢YGのラインが確定しましたので、先に御紹介させて頂きます。

種親から幼虫までと、いろんな方々に御心配と配慮を頂いてようやく予定数が揃いました。

その間に、いろんな方々から暖かい私信を頂き本当に有難うございましたm(_ _)m

私は本当に幸せものですと感じました。






はっきり申しまして、自己ブリは惨敗です


YG12ライン組んで、採れたのが3ラインです



うち、自己ブリ早期♀は5頭使って全滅でした



貴重な種親を譲って頂いた方々には本当に申し訳なく思っております



急な体調不良も重なったとはいえ、自身の未熟さに本当に嫌気が差しました


その他は、種付けして頂いたラインとコラボラインですが、クワ友さんからの援軍幼虫もあり、なんとか形にすることが出来ましたのは助けて頂いた皆さんのお陰です。

この場を借りて深く御礼を申し上げますm(_ _)m





今年のYGは100~120頭ぐらいで予定していましたが、ほぼその数に到達出来ました。








2015年度能勢YG飼育ライン








久留米同様に、ラインナンバーの同一♂のアルファベット表示を無くし、シンプルにしました。


S表示は、里仔や購入分になります。


自己ブリの3ラインは、全てともさんからの早期羽化♂からのラインなので異例のケースと思いますが、私としてはまたとないチャンスと思っているので経過が楽しみです。



今年も助けて頂いた方達からの里仔等の御紹介をさせて頂きます。





201506221958306d9.jpg



今期羽化個体で87UPの有言実行を達成されたreonroiさんからの援軍幼虫です。

Gullさん1306のインラインです!

インの爆発力に期待しています。



続いて





20150622195853138.jpg



我が「師匠」の ashtakaさん から2ライン5頭ずつを頂きました。

2ラインとも期待していますが、1ラインは種♀に私のA4ラインの早期♀を使用しており、楽しみなラインです。

私はA4の早期♀で採れませんでしたので(;^ω^)






20150628204456d22.jpg



いつもお世話になっているトシクワさん からの援軍です。

2ライン×5頭ずつで、2ラインとも御本家様の1301♂からのラインです。

御本家様からのラインなので大事にしたいです。





IMG_1623.jpg

IMG_1621.jpg

龍さんから今年も2ライン、計9頭をお譲り頂きました。

2ラインとも完品羽化を目指して今後に残したいラインです。














こちらは今年 REGA90さんとのコラボをさせて頂いてましてその幼虫と里仔です。

コラボライン15YGRMです。

REGAさんのRに私のM(ドSですが)

コラボ内容は、REGA90さん所有のよしくわさん13年1番の88同腹の♂と、私が所有するワイドカウさん13YGE115の88B同腹♀のコラボをさせて頂きました。


88同腹同士のコラボでの経過も楽しみにしています。



里仔幼虫は、Gullさん1306×よしくわさん13年1番の幼虫を5頭送って頂きました。



本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。


お返しが出来なかった分は、来年以降に必ず恩返しさせて頂きますm(_ _)m💦


4番の2セット目の割り出しが残っておりますが、何とか今年のスタートが切れました。



来年の今頃は、どのような結果が出ているのか楽しみでもあり不安でもあります。


昨年の目標が85mmUPでしたので、今年の目標は86mmUP完品に設定しました。

久留米は83mm目標です💦😅



2本目交換時期まではドキドキの心境です(;^ω^)

















20150707133744ef4.jpg








[ 2015年07月14日 19:10 ] カテゴリ:2015年ブリード | TB(-) | CM(-)

2015年まずは久留米




一連の騒動に対しては、私などがとやかく言える立場ではありませんが、迅速な対応によって騒動が終結したことをチョネさんやクマモンさんに心より感謝しております。

2014年度の飼育3産地中の2産地で起きた騒動により、羽化個体もそこに関わっていた個体は無産地として扱うしかなく、飼育管理データもかなりの欄を削除致しました。

2014年久留米の半数以上の飼育個体がその系統に絡んでいた為、仕方ありません。


2015年度も多少影響はありましたが、久留米を主体で飼育している方々に比べれば全然大した影響では無かったと思います。




それとは別で、2015年度のスタートがなかなか切れずに苦戦の日々でした。

体調不良も重なって準備やリカバリーに時間が取れず、菌糸ブロックも届いているのに詰めることも出来ない日々で参りました

ブロックの到着日に急遽倒れてしまったので仕方がありませんが、時期的には致命的な時期でした



そんな中、なんとか久留米の2015年のラインが決まりましたので御報告させて頂きます。


10ライン組んで、自己ブリで採れたのが4ライン(正確には5ライン)

リカバリーも体調を崩すまでは頑張りましたが、倒れてからは追加のセットを組む余裕も無く少数の4ラインです。

飼育数的に寂しいのでクワ友さんのマツノさん直系に拘ってブリードしているmasaさんとmindさんに相談をしたところ、快くヘルプ幼虫を分けて頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです
m(_ _)m





mindさんから


20150624071817052.jpg


2ライン5頭ずつの計10頭を分けて頂きました。

2ラインとも相当に有望なラインです!








masaさんには今後、私も久留米はマツノさんのを主体にやりたいと話していたところ、箱を開けたら・・・・・・




























20150628142414c4f.jpg








(笑)






20150628142413f8e.jpg


3ラインを計11頭です。

3ライン中2ラインは、昨年gatchさんが85mmを2頭出した同腹からのラインです。





確かな「マツノ久留米」とゆう部分では、私はこの二人に重度な信頼を持っています。




masaさん、mindさんこの度は本当に有難うございました!m(_ _)m









それでは本題の2015年度久留米




15KU1   ♂83.1mm(主水さん13年7番)×♀52.9mm(主水さん13年2番)

15KU2   ♂83.1mm(主水さん13年7番)×♀52.5mm(masukoさん13年8番)

15KU3   ♂81.8mm(masukoさん13年9番)×♀50.1mm(チョネさん13年4番)

15KU4   ♂81.8mm(masukoさん13年9番)×♀51.2mm(トシクワさんKUR13-403※チョネさん13年1番)



15KUS1  ♂84.0mm(マツノ13年1番)×♀53.0mm(マツノ13年31番)※mindさん1510

15KUS2  ♂82.0mm(マツノ13年16番)×♀47.0mm(mindさん1401早期)※mindさん1518

15KUS3  ♂81.0mm(マツノ13年4番)×♀53.0mm(マツノ13年37番)※masaさん15-2

15KUS4  ♂82.9mm(masaさんKU13-G3)×♀49.5mm(マツノ14-14早期)※masaさん15-8

15KUS5  ♂80.5mm(マツノ13年46番)×♀50.5mm(masaさんKU13-G2)※masaさん15-6

15KUS6  ♂83.4mm(主水さん13年2番)×♀53.8mm(主水さん13年1番)

15KUS7  ♂83.7mm(主水さん13年1番)×♀53.6mm(主水さん13年9番)

15KUS8  ♂85.0mm(黒王さん2013MK1※886同腹)×♀50.0mm(黒王さん2013MK4)




今年の管理番号は、昨年の同一♂に対してのアルファベット表示を無くし、単純な通し番号にしました。(masaさんの真似w)

Sは里仔を含めた自己ブリ以外の表示です。




S表示ラインは、ラインあたりの頭数は少ないですが久留米全体の総数で80頭前後になります




YGを100~120で考えていて総頭数200ぐらいで考えていましたが、YGがまた手こずっておりまして・・・



今年は(も?)いろいろな方々に支えられてのスタートになっておりますm(_ _)m



YGはもう少しお時間下さい(汗)






※ 飼育データをほぼ更新してあります。見栄えの無いデータですが興味ありましたら御覧になって下さい。













[ 2015年07月05日 17:14 ] カテゴリ:2015年ブリード | TB(0) | CM(26)
プロフィール

Author:mustar
      

趣味 : サイクリング
乃木坂46

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


タイトルリスト
◆Date:2015年07月
ALL
ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。