mustar's room TOP  >  飼育用品&設備 >  飼育設備(環境)について

飼育設備(環境)について

こんにちは。

現在はインフルエンザのピークを越えて、だいぶ熱も下がり楽になりました。
9年振りの39度を越えるインフルエンザの高熱で本気で死ぬかと思いました(汗)


身体も楽になってきたので下書きで残してあった備忘録記事です。

現状でのブリードの状況は、♀と小さい♂は飼育スペース確保の事情もあり、早めに羽化してもらうべく温度を2月初旬から上げ始めています。
4~5月までぐらいには羽化してくれるとありがたいです。

小さい♂でもアベレージを考えれば他と同等のサイクルにするべきでしょうが、私の環境では羽化が遅れてしまうとスペースが取れなくなるため、ここらへんも飼育者の都合に合わせてもらいます。


今回は飼育設備(環境)のお題ですが、最近諸先輩方のブログから「湿度」に関しての重要性を学んでおります。

私も昨年の2本目で菌糸を乾燥からか劣化させてしまい、その上暴れが多発してしまったことの対策面を色々と考えていました。

温度の上下に関してはひと部屋まるごとの管理より、BOX型の温室スペースの方が狭い空間なだけに管理しやすく思います。
実際、自作の冷温庫で室温常温35~38度の中で設定温度プラマイ1度以内での優秀な管理が出来ました。

そこにばかり気を取られていて「湿度」に関してはあまり気にせずにいた結果、菌糸が乾燥からパサついた状態でした。

夏場の高湿度の室内で冷蔵庫を冷源としての冷温庫では、氷結等から高湿度になるかと思いきや、冷蔵庫の仕組みには除湿機能があるみたいで庫内湿度は常に20~35%ぐらいでした。

その時点ではボトルの蓋に水滴がつくのが嫌で低湿度の方が良いかと思っていましたが、暴れが目立ち出してから慌てて交換した菌糸の状態は全てがパサついた状態になっていました。

特に私の使用したクリアボトルが殆どがパサつきに劣化が激しく、3本目でも少量使用してみましたが結果は同じでした。
(あくまでも我が家の環境です)

同時に詰めたPPボトルにタイペスト紙の使用が状態も長持ちしているようなので、来季は特定の目的が無い限りはクリアボトルの使用はしないことに決めました。

品川オフ会の時に、マサレッドさんのお話しから「菌糸を飼育する感覚」とのお話しを聞きいろいろと考えてみましたが、温度帯だけではなくボトル蓋の通気性に空気の循環やボトル周辺外気の湿度と気にしなければいけない部分が多々あることを知りました。

蓋の通気性が良くてもボトル周辺の湿度が低ければ、ただ乾燥しやすくなるわけで・・・
だからといって、蓋の通気性の低いものを選択すると、ボトル内部の酸素濃度等が低くなる。

ボトル周辺の環境設定がいかに必要かを改めて学びました。

この辺を理解してから諸先輩方の過去記事を拝見すると、実績を出されている方々はかなり以前から室内の環境作りに色々と工夫をされていますので、さすがの一言です。

私の飼育環境は家族の理解がないのでひと部屋まるごとのエアコン管理ができませんww

なので手間を掛けての工夫をするしかないのですが、私の飼育環境での最適の方法を探すしかありません。

酸素濃度を測る機材も無いし、湿度に関しても市販の湿度計しかないのでアナログ的なやり方しか出来ませんが、それも楽しみ方の一つだと思います。




このまま来季を迎えるわけにはいかないので対策を検討中ですが、試験的に購入してテスト中の加湿器


P1010289.jpg

庫内に対しての大きさは

P1010286.jpg

こんな感じです。

向かって左端が冷蔵庫。

画像左下の赤い箱がファンヒーターで、その上にある黒いのが首振りのサーキュレーターです。

その他ファンを上下に循環させるべく使用していますが、庫内左上奥にもPCファンが設置してあります。

サーモはマリーンズを使用していますが設定温度に対し上下で1度未満キープしています。(18~18.8°)

庫内の上下左右の場所ごとの温度差も、右上段が少し高めですが、全体での差は0.5°未満です。

冷温庫内は現在、♂ボトルが60本ぐらい入っています。

加湿器無しでの庫内湿度は、平均して30%くらいで加湿器を作動させてみると、1番噴霧量を最小にして50~60%ぐらいでした。


50%前後を目標に考えると少し加湿気味なんで、サーキュレーターの向きや、ON,OFで数日ごとで調整するやり方を少し手間隙かけて工夫してみます。

もっとコンパクトな加湿器を試してみましたが、連続運転時間が5~6時間であまり意味がありませんでした(汗)



この他、ワインセラー2台を夏場の飼育スペースとして使用していますが、ワインセラーの庫内は乾燥に対してはあまり心配はいらないようです。

乾燥しがちな今現在も、40~55%の範囲で安定しています。
夏場こちらは高湿度が問題ですが、除湿剤などを使用しながらやるしかないですね。


今回の内容は、やる事が無い時期の今だからこそ前年の反省点を振り返っておこうと思い、あくまでも備忘録としての内容です。


長々と長文すいませんでした(^_^;)

体調が万全ではないのでコメ閉じすいませんm(_ _)m



それではまた^^










スポンサーサイト
[ 2015年02月06日 16:09 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:mustar
      

趣味 : サイクリング

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR