mustar's room TOP  >  スポンサー広告 >  飼育用品&設備 >  菌糸詰めその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

菌糸詰めその後

こんばんは^^


御訪問ありがとう御座います。


まず只今、リンク頂いている ひでのぱぱさん が、

ブログ開設2周年記念プレ企画(クリック) を開催しています!

今週の11月15日の23時59分締切なので、皆さん覗いてみてください!(^^)













昨日の予報で、今日から気温が一気に下がると言っていましたが、本当に寒かったですね

完全に真冬の装備で仕事に出掛けました。

先週からの風邪が治らない状態での気温低下は、かなりこたえます

皆さんも風邪には気お付けて下さいね。




ここ最近は菌糸の詰め作業かボトルの交換作業が無いと、ブログのネタにも困ってしまいますね。

そこで、先週ashtakaプレスで詰めた菌糸のその後の状態を報告します。



今回もブロックを崩してから「Fe3⁺」を噴霧し、良く混ぜてから詰めました。

P1000204.jpg

先週の5日に詰めたので、ちょうど1週間になります。

EXCEEDさんのEXTRAとEXTRA-Gのハーフ&ハーフです。


P1000194.jpg

P1000205.jpg


添加剤はある物を少々加えた位で、その他は「Fe3⁺」を噴霧したのみです。

ワインセラーで23~24度位で菌を回しましたが、1週間で使用できるレベルになりました。

詰め加減は前回書きましたが、1300で内容量が約850~860g位です。

もう少し固く詰めても充分いけそうです。

「Fe3⁺」の効果なのかはわかりませんが、今回はかなり早く菌糸が回った感じがしました。



次がPITのブナ粗目とクヌギ微粒子のハーフ&ハーフです。

こちらも添加剤少々に、Fe3⁺を噴霧して詰めた物です。


P1000197.jpg

EXTRAより回りが少し遅いような気がします。

詰めた内容量はEXTRAと合わせています。

粒子の粗さでも変わると思いますが、今回はいろんな種類のボトルで詰めてみて・・・

P1000198.jpg

クリアボトルより、PPボトルの方が回りが早く見えるのは気のせいですかね?

ボトルの材質でその様に見えるだけなのかもしれません。


ある程度感覚だけで詰めましたが、この菌の回り方だとまだ堅く詰めても大丈夫みたいですので、更に堅詰めしても大丈夫なのが分かりました。



以前、手詰めで今回同様「Fe3⁺」を噴霧して詰めたボトル(ちなみに1か月近く経過しています)



P1000201.jpg


北斗恵裁園のオオヒラタケ(粗目、微粒子7:3)ですが、1か月経過した現在でも菌糸が全体に回っていません。

P1000202.jpg

詰め加減もashtakaプレス使用のものよりはかなり緩く詰めているのですが、菌糸の種類によって回り方はかなり変わってくる印象なので、用意する時期もある程度は使用菌糸の特性も理解しておかないといけないみたいです。


次回からは堅詰めにも挑戦してみます。


今回困った事に、計算したよりかなりの本数が出来てしまったのでどうしようか考えてます







・・・ん?
















P1000180.jpg

P1000203.jpg







・・・何してんだ俺(笑)







今年私が期待していた、龍さんから譲って頂いたYG3番の♀で、1本目交換前から暴れて9gで交換し、その後も2本目で大暴れしたと思ったら・・

P1000191.jpg

蛹化ですね

小さいのが羽化しそうです



暴れに対しての対策って良い方法はあるんですかね?

酸欠などの原因も考えて、キャップを外してみたりしているんですが、ボトルを交換後も収まらないと困ってしまいます

何か良い方法がありましたら教えて下さいm(_ _)m





その他、今後必要になった時に慌てない様に私も試しに作ってみました。


P1000188.jpg

P1000189.jpg


横に並べたのは市販の人口蛹室「バケラッタ」です。

蛹室の大きさや深さなど、バケラッタを基準に作ってみました。

ある方のブログの過去記事を参考にさせて頂き、「フラワースポンジ」とゆう製品で作りました。

百均で買えます。

フラワースポンジ1個を対角線で半分にすると、ちょうど角度や大きさが「バケラッタ」と同じ位になります。

市販の人口蛹室は、購入すると1個800~1000円位しますので、かなりの経費の削減になると思います。

加工自体も簡単に出来ますし。


結構、楽しいですよ(^^)





それではまた


















にほんブログ村 その他ペットブログ オオクワガタへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2013年11月12日 19:50 ] カテゴリ:飼育用品&設備 | TB(0) | CM(22)
こんばんは。
確かに菌糸の種類で菌の廻り方にバラつきもありますね^^;
培養温度とかも関係するんでしょうか・・・??

暴れ幼虫の中には いつまでも暴れ続けるヤツが居ますよね^^;
完全放置しますが・・・。

中には 潜らずに菌糸を上から食べ続けているヤツも居ますよ(笑)
[ 2013/11/12 21:26 ] [ 編集 ]
こんばんは^ ^
何してんだ俺・・・・思わずスクロールした画像見て吹き出しました(笑)

綺麗に菌が回ってますね。僕が少し心配してるのはFe3+を噴射する事により水分量が多くなってしまわないかなぁと考えてます。
特に長期間の3本目については悩みます(-_-)
[ 2013/11/12 21:53 ] [ 編集 ]
こんばんは
色々検証されてますね。
勉強になります。
菌の勢い?強い?のか分かりませんが
以前、カワラ詰めて3日で真っ白になった事有りました。

「フラワースポンジ」うちも愛用してます。
てか市販品使った事ないです(^_^;)
あのサクッと感が結構快感だったりして(笑)
[ 2013/11/12 21:55 ] [ 編集 ]
こんばんは^^
1ヶ月たっても菌が廻っていないとなると
ちょっと心配ですね(^_^;)
Fe3+は使った事がないですか効果はいかほどに!

人工蛹室は楽しいですよね(笑)
バケラッタを参考にですか~( ..)φメモメモ
確かにいいかも♪
[ 2013/11/12 22:30 ] [ 編集 ]
こんばんわ
メーカーによって水分や粗さも違うので、菌のまわりも違いますよね。。。(汗)
私もFe3+を検討中です。。。(汗)
ある、ブロックに使い、どうなるか試したいと思っています。(^^)
そういえば、我が家には人口蛹室はありません。。。(汗)
[ 2013/11/12 22:40 ] [ 編集 ]
田舎っぺさん、 こんばんは^^
>田舎っぺさん

はい、メーカーによっての回る速度や回り方にバラつきを感じます。
今回、室内常温とワインセラーで違う温度帯で回してみましたが、ワインセラー24~25度に対して室温18~20度位では変化はありませんでした。
メーカーによっての水分量や添加剤の配合等でも変わるのでしょうか?

暴れ幼虫は・・・諦めるしかないんですかね(汗)
残したいラインの貴重な♀だと残念です(汗)
潜らないで上から得食している幼虫もいるんですか?
そのうち我が家でも見れますかね^^
[ 2013/11/12 23:12 ] [ 編集 ]
masaさん、こんばんは^^
>masaさん

ネタに食いついて頂きありがとう御座います!(笑)

綺麗に回るのと、詰め方にバラつきがあるのか「まだら」になるのも中にはありますね(汗)
確かに、Fe3⁺を噴霧すると水分量は多めになると思います。
1ブロックに10~15回位噴霧するので。
私は詰めた後に、3~5日はキャップをしないでコピー用紙で蓋をして水分量を飛ばしているつもりですが、効果は分かりません(笑)

長期間使用する3本目は、特に注意した方がよさそうですね(^^)
[ 2013/11/12 23:23 ] [ 編集 ]
おいどんさん、こんばんは^^
>おいどんさん

今年は、色々と試してから来年に備えたいと思っているので基本的な事はやっておこうと思っています。
菌糸も回る方に明らかな差がありますよね?
色々なメーカーを使用しながら実感していきます。

フラワースポンジ良いですよね!^^
私もあのサクっと感が、癖になりました(笑)
[ 2013/11/12 23:36 ] [ 編集 ]
かぶさん、こんばんは^^
>かぶさん

1か月でまでらで、この先も「真っ白」になる気配がないです(汗)
詰め方の問題かと思いましたが、同時に詰めたボトルが全て同じ感じなのでメーカーの特性なのかと。
Fe3⁺は・・・正直、分からないですね(笑)
私は今年詰めた菌糸には全て使用していますが、早いのと遅いのが明らかにあります。
早く回っているのは使用していなくても回っているような気が正直しますね。

人口蛹室楽しいです(笑)
たまたま以前、ついでに買った「バケラッタ」が1つあったので、大きさとミニケースに入る寸法を参考にするにはちょうど良いと思い、参考にしました(^^)
[ 2013/11/12 23:45 ] [ 編集 ]
ひでのぱぱさん、 こんばんわ^^
>ひでのぱぱさん

確かに、メーカーによる水分量や粒子の粗さでも変わってきそうですよね。
回りが遅い菌糸は、今回の物みたいに回る気がしません(汗)
昨年、今年といろんな問題で話題になったメーカーの物は、ロッド差もあったみたいです。
某メーカーの物は詰める度に回り方の違いを感じました。

Fe3⁺は正直微妙です。
実際、宣伝文句では産卵セットに噴霧するとカビが生えないとかありますが、普通にアオカビが発生します(笑)
同じ詰め作業で、使用ビンと未使用ビンを同じ条件で検証してみないと分からないですね。
私はなかなかやれずに、ただ使用しています(汗)
[ 2013/11/12 23:57 ] [ 編集 ]
こんばんは
mustarさんこんばんは

やはり菌糸は環境によって合う合わないがあるみたいですね。
恵○園さんのオオヒラタケは1本目で使用しましたが
私のところでも菌のまわりが良くなくあきらめて、入れちゃいました(^_^;)

ただ2本目使用のカンタケは温度をちゃんと合わせたらしっかりとまわりましたね。
逆に2本目に使ったエク○ードさんのレビンGは時間がかかり
かなりの時間を要しました。
ロットによる違いもあるのかもしれません。

Fe+3ですが私の感じでは産卵セットのカビはだいぶ抑制されました。
埋め込みマットにも混ぜて使用していますが、劣化しにくいですよ。
産卵材の水分量なども関係あるのかもしれませんね^^

私も試行錯誤しながらやっていますが、なかなか思い通りにいかないですよね。。。
[ 2013/11/13 00:25 ] [ 編集 ]
ココペリさんおはようございます^^
>ココペリさん

恵○園オオヒラはやはり回りが悪いのですか(汗)
私もカンタケを詰めた時には普通に回りました。
レビンだとGSPが、菌糸が回る前にキノコが大量に発生して困りました(;^_^A
培養の温度も24~25度位で回したのですが…
ロッドのムラは困りますよね(汗)

Fe3+を使用するとやはり回りも早いのですね。
1度、使用と未使用で分けて検証してみます(^^)
産卵材も加水のし過ぎがカビの原因なのでしょうか?
私もマットにも使用していますが、産卵材は過去ほとんどカビが発生してしまいます(汗)
水分量を考えないといけませんね(;^_^A
[ 2013/11/13 06:28 ] [ 編集 ]
菌糸詰め
mustarさん、おはようございます。
今シーズンは、菌糸詰め難しいことを感じています。
堅く詰めすぎると菌糸の回りが遅くなること、あと温度管理と思います。
我が家でもF3+の使用を検討していますが効果があるのでしょうか。
1ブロックにどの程度使用してよいかわからなくて使用に迷っています。
[ 2013/11/13 09:26 ] [ 編集 ]
ゲバゲバ90さん、こんにちは^^
>ゲバゲバ90さん

今年は菌糸詰めるのは難しいですか(汗)
私は以前に飼育していた頃は、既製品のボトルしか使用していなかったので、菌糸の自詰めは今年からです。
それだけに色々な菌糸メーカーの物をあえて詰めてみてますが、菌糸が同じオオヒラでもこれだけ違いがあるのかと感じました。
メーカーによる違いは仕方ないですが、ロッドの差は安定して欲しいですね(;^_^A

Fe3+は、1度使用と未使用を同時に同条件で試してみないと何とも言えないですね(汗)
量は1ブロックに対して10回~吹き掛けるらしいです。
私的には効果は微妙ですね(;^_^A
[ 2013/11/13 13:09 ] [ 編集 ]
こんにちは^^
菌糸に関して色々な意見や拘りが人それぞれあると思います。
私も菌糸にたいしての考え方や拘りがあります。
たいした意見ではありませんし話が長くなるので記載しませんが
Fe3⁺について使用した経過を報告させて頂きます。
前回の菌糸詰めで私も初めてFe3⁺を使用しました。
Fe3⁺を吹きかけて詰めた菌糸ボトルと全くFe3⁺を使用しないで
詰めたボトルを銘柄3種類とも詰めました。
かなりの本数で検証した結果私の場合は菌糸のまわり方は
差がありませんでした。(私個人の結果です)
後は持ちがどうかです。今のところどの菌糸も目に見える劣化は
してないので今後の経過をよく観察してきたいと思っています。
ちなみにFe3⁺の使用方法は2ブロックを崩してから全体的に
かかるように30プッシュ前後して手でよく拡散しました。
また菌糸を詰める際にボトルの中に2プッシュしました。
[ 2013/11/13 13:44 ] [ 編集 ]
ダイトウさんこんにちは^^
>ダイトウさん

流石はダイトウさん、菌糸にも詰め方にも拘りがありますね!
ゆっくりお話しをお聞きしたいです^^

Fe3+の検証の課題も、ダイトウさんは既に検証済みですね。
私も初めて使用する時に検証してみようとは思いましたが、なにぶん、1回に詰めるブロック数が少ないので検証のサンプルにもなりません(;^_^A

私が感覚的に効果が微妙だと感じたのは、メーカーによって2~3日で回り出して、効果があったと思うと、今回紹介した物みたいに一向に回る気配を感じないのもあります。
その他でも、同じ日に違うメーカーの菌糸をFe3+使用で同じように詰めても、早い遅いが明らかにありました。
その結果、回る時は回るし、Fe3+を使用しても、回らない菌糸は回らないの印象になってしまいました。
目に見える効果や結果が無いとなると、1本あたりの単価で考えたら…って感じですね(汗)
日持ちに関しては環境や温度に湿度でも変わってしまうので難しいですね(;^_^A

ダイトウさんの意見、凄く参考になりました!
ありがとうございます!(^^)
[ 2013/11/13 15:44 ] [ 編集 ]
こんばんは。
いや~皆さんのコメント為になります。
有り難いです。
mustarさん、この記事書いて頂き有難うございます。
前回、お会いした時に話したように、恵〇園さんのオオヒラ、ノーマルがなかなか廻ってくれません。(6ブロック)
温度もかけてるのですが・・・。
そろそろ引っ張るのも限界なので、とりあえず入れてみようと思います。(汗)
ヒマラヤタケは上手く廻ったんですけどね…。(涙)
[ 2013/11/13 22:57 ] [ 編集 ]
efdenさんこんばんは^^
>efdenさん

そうですね。分からない事や、疑問に感じた事は皆さんの意見を聞くのが凄く勉強になります!^^
皆さん経験豊富なので。
恵○園のオオヒラは皆さん同意見ですね(汗)
私も粗めを手詰めで温度掛けても、1ヶ月で画像のように「まだら」で白くなりません。
投入予定だった幼虫は仕方ないので投入してしまいましたが。
神○さんの菌糸が頼めないので予定が大きく変わってしまいました(;^_^A
[ 2013/11/13 23:27 ] [ 編集 ]
こんばんは!
確かにPPボトルの方が菌が早くまわる感じがしますよね!
酸素の透過率がクリアボトルよりPPの方がよいと聞いた
事があります(^^)
ある程度、現在使っている菌糸のまわりの早さが把握できました
ので、菌のまわりが遅いのはPPに詰めたりしています(^_^)

人工蛹室はフラワースポンジで十分ですよね♪
安いし(^^)
ただ作成する際に、粉が舞うので息を止めて作業してます(^_^;)

Fe3+は私も少し使っていますが、効果の程はよくわかりません!
何となく菌のまわりが早いような・・・。
菌もまわりよりも、菌の持ちがよくなる事を期待しています(^^)
[ 2013/11/14 00:48 ] [ 編集 ]
こんばんは!
菌床によっては回り方が
違いますね!

私の家の玄関に置いたままの
ブロックは恵栽園のもので、
mustarさんの記事で少々不安を
感じております笑

噂のFe3+ですが、
私は???な気持ちでいます。
他の方々のブログの影響ですが。

人口蛹室作製、お上手ですね!!
私は不器用なのでなるべく既製品に
走る傾向があります笑

この時間帯のコメントは
支離滅裂で申し訳ありません笑笑笑

書きたい事全てを並べてしまいました。。。
[ 2013/11/14 02:22 ] [ 編集 ]
トシクワさんおはようございます^^
>トシクワさん

やはりPPボトルの方が、クリアボトルより回りが早く感じますか。
空気の透過率と言えば、私も聞いた事があるような気がします。
PPはザラザラしてる分、内壁が凸凹しているからですかね。
回りの遅いメーカーの菌糸はPPに詰める対策は、今後私もやってみます(^^)

フラワースポンジの人口蛹室良いですよね^^
確かに加工時に粉が凄くて咳しながらでした(;^_^A
1個から今回は2個作れたので、単価50円です(笑)
作るのも簡単なので今後はフラワースポンジ蛹室でいきます(^^)
Fe3+は賛否とゆうか、私が知っている限りでは使用している方の意見は「良く分からない」か私と同意見ですね。
菌糸の持ちに関しては私もはっきり分かりませんが、菌糸を詰める時に噴霧して、ボトルもエタノールで消毒してから詰めた菌糸から青カビが発生しています。
今年問題になっているメーカーなので菌糸が原因なのかは分かりませんが、産卵材に噴霧しても普通に青カビが出ます(笑)
カワラ材、普通のクヌギ材両方とも出てますし、水分量も4~5時間加水した後に半日以上陰干しするので、基本的な水分量だとは思うのですが。
私の知り合いも、同じ意見でしたので、次回は逆に使用しないでやってみようかと思います。
長文失礼しました(;^_^A
[ 2013/11/14 09:43 ] [ 編集 ]
セーケンさんおはようございます^^
>セーケンさん

恵○園のオオヒラは私も今年初めてなので、この状態が普通なのかが判断出来ませんね(汗)
ボトルの壁面が1ケ月経っても白くならないのが製品の特徴とも思えませんし……
実際、某ブログを見て使用してみましたが、そのブログの画像では白く回っています。
しかも1週間で(笑)
品薄状態の時期でしたので、ロッド差があるのかと感じました。
Fe3+は皆さん同意見ですね(笑)
人間の先入観で、早く回ると聞いて使用すると、早く回った気になってしまうものです(笑)
私も違うメーカーを同時に詰めてみたり、今回の1ヶ月経っても回らない菌糸がなかったら、多分「確かに良く回る」で疑わなかったでしょう。
実際に使用と未使用で比べた方が、変わらないとの事ですので、少なくとも回りに関してはそれが答えだと思います。
カビも出てますし、菌糸の持ちに関しては分かりませんが、それも先入観からの気持ちの問題ですね(笑)

人口蛹室は既製品をお使いですか?
フラワースポンジの加工、本当に簡単ですよ^^
サクサク切れるし、指でも削れます。
百円なので一度試してみて下さい^^
書き込みの時間帯は、いつでも大丈夫なので、バンバン来て下さい!(^^)
[ 2013/11/14 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mustar

Author:mustar
      
mustar : マスター
趣味 : クワガタ飼育


★能勢YGを主体で飼育していますが大きくできません。

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年03月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳
2014年度羽化 能勢YG87.3mm

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。