mustar's room TOP  >  2014年ブリード >  YGの2本目交換終了

YGの2本目交換終了

こんばんは。

ここの所かなりの忙しさで休みが取れない中、本日代休を頂いていたのですが、台風の関係で今日も緊急出勤でした💦




時間を見ながらYGの2本目交換作業もやっと終わり、YGの飼育データも更新しました。
地味で控えめなデータになりましたが、昨年に比べれば進歩があったと思います。

投入時期が少しズレてしまったものなどが後半の交換対象でしたが、牝に偏ってしまったラインもバランス的には取り戻せたのでホッとしています。
1本目勝負と言われるYGで、2本目の伸びに期待して良いんですかねww
心より期待して祈る思いです。

YG交換作業を終了してみて最初の1本目で結果、最大幼虫を手に取ったあたりは、自分のヒキの強さを感じていますw


投入時期遅れの交換分から、少しは30gを越えてくれる幼虫も出てくれたので救われる気持ちでした。



画像の縛りは決めていないので少し載せます。

P1010133.jpg

14YG-A413(♂81㎜×♀48.5㎜)

1本目投入 7月4日 初令 G+T800

2本目   10月4日 31.3g G+T1400

こちらのラインは♂81㎜(御本家858直仔で86×3頭の同腹)に♀48.5㎜(よしくわさん13年7番早期羽化)の組み合わせで期待していましたが、幼虫が採れた時期が遅れてしまい、投入時期もバラついてしまいました。
初期投入分が牝に偏ってしまい判断も難しかったのですが、牝の体重も良い感じでしたので31gが2頭でてくれてホッとしています。




もう1枚

P1010134.jpg
(ピンボケでスイマセン💦)

14YG-D113(♂83.5㎜×♀51.1㎜)

1本目投入 7月2日 2令 G+T800

2本目   10月4日 31.8g G+T1400

♂83.5㎜(ダイトウさん所有Gull氏12-4)と♀51.1㎜(ダイトウさん13-2早期♀)の組み合わせです。
こちらは1本目の最大幼虫34.3gと同ラインで、投入が遅れて2令での投入になってしまった幼虫です。

期待の中で、序盤は牝に偏ってしまい残念に思っていましたが、後半の交換で何とかバランス的にも良くなってくれました。
1本目の★が8頭も出てしまい残念です💦
2本目でもう少し伸びてくれると嬉しいですね。

牝の早期羽化にも数頭チャレンジしています。




そこで1つ問題が発生。
14YG-A1ラインが投入が4月だったせいか、9月に♀が1頭既に羽化しており、その他も全頭が蛹か前蛹になっていました💦
低温管理をしていたつもりでしたが仕方ないですね。


残りの交換は久留米の1ラインの交換を残すのみとなりました。
この時期は投入時期がズレていると温度の管理に気を使いますが、私は冷温庫とワインセラー×2の管理がメインですので温度帯を分けて何とか管理しています。
もう少し寒くなればプラスで温室が2つあるので何とかなりそうです。

こんな感じの近況報告です。

















スポンサーサイト
[ 2014年10月06日 22:36 ] カテゴリ:2014年ブリード | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mustar

Author:mustar
      
mustar : マスター
趣味 : クワガタ飼育


★能勢YGを主体で飼育していますが大きくできません。

更新履歴


総記事数:
新着コメント
 
カテゴリー
カレンダー+月別記事
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ページジャンプ
全1ページ中
1ページ目
Presented by 遊んだら仲間だ。 篇GAME
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
日本語→英語 自動翻訳
2014年度羽化 能勢YG87.3mm

Javascripts
現在時刻





総記事数:




リンク先最新更新情報
リンク
QRコード
QR